浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 04/13  05:56

『今年行われたホームゲームのベストは間違いない』ACL浦和vs上海上港【山中伊知郎の素人目線2017】

  • 33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山中伊知郎レッズコラム2010


▼冷たい雨。行こうか悩んだ試合
いやまったく、試合前は雨はひどいし、肌寒いし、きょうは観戦はパスしようかな、という気分だった。ちょうど風邪ひいてて、咳もとまらない。これ、このまま南側自由席に2時間近く座ったら、風邪こじらして肺炎になりかねないくらい。

でも、やっぱり今日の試合はずっと前から楽しみにしてた。勝てばACL予選リーグ突破はほぼ確定になるし、相手はオスカルだのフッキだのを札束で横っ面ひっぱたくように集めてきた金満チームだ。ぜひ、そいつを叩きつぶしてやるところを見たい。

ビンボー人は、金持ちが痛い目にあうのを目にすると、とてもスッキリするのだ。

横浜の日吉近くで取材があり、いつもは家から自転車で埼スタに行くのだが、きょうは浦和美園駅まで電車。すでに7時を回っていて、歩くとようやく試合開始に間に合うくらい。

まだ雨は強い。

そこで入場ゲートを入ってすぐ、自由席のチケットをアッパーに変えてもらおうと、チェンジの窓口に行く。アッパーなら屋根があって、雨をよけられるからだ。ところが、今日の試合に関しては、アッパーは招待客しか入れないため、チェンジはできません、と断られてしまった。

まいったね。また咳も出るし、よっぽどもう帰っちゃおうかと思ったくらい。

ならば売店でポンチョ買うか、と聞くと、すでにレッズ・ポンチョは売り切れで、透明のペラペラのヤツしかないという。あれ、私、買ったことあるけど、切れやすいし、ほとんど役にたたない。

どうすりゃいんだ、と悩みつつ、南側自由席に向かうと、オーロラビジョンのすぐ下、ほんのちょっとだけ庇がある席がある。ただ、自由席全体はガラガラでも、そこだけは人がたくさんいて、ほぼ席は埋まってる。ただ、一列前で、ちょうど雨が当たるか当たらないかギリギリのあたりは空いてる。「じゃ、そこでいいや」と座った。

あんまり体調が悪くなるようなら、前半だけで帰ろうか、とかも頭に浮かんだ。そうなると、シャトルバスも出てないので、浦和美園まで歩いて、東川口乗り換えかな、なんて。自転車じゃないと、帰るのもけっこう面倒くさい。

相変わらず思い出したように咳も出る。

「やっぱり、来ない方が良かったかな」

試合開始した後でも、また反省していた。

▼ACLは楽しい
試合に集中するようになって、「来なきゃよかったかも」は吹き飛んだね。とりあえず試合の完成度でいったら、今年行われたホームゲームのベストは間違いないだろう。

上海の金満軍団は、さすがに手慣れたベテラン・ダンサーのような洗練された攻撃を繰り広げてくれるし、レッズもそれに合わせて、攻めも守りも、見どころは多かった。

一例をあげるなら、右へ左に、ボールがうまく散る。縦横無尽という言葉そのもののようなせめぎ合いは、なかなか普段のリーグ戦ではお目にかかれない。

ちょっとレッズも開いてゴール前で、シュートもせずにただパス回す場面は目立ったとしても、最後は、期待通り、ラファエルシルバがきっちりとケリをつけてくれた。

おそらく今年の得点王は彼だろう。

誰もが認める通り、後半の圧巻は西川だ。

反対にオスカルは、後の試合に尾を引きそうで、ちょっとかわいそうなくらい。PK続けて2本ハズすなんて、私、見たことない。ただ、特に2本目、なぜか直感的に私も、「あ、またハズすな」とピンと来た。別の選手に蹴らせていたら、おそらく1点とられていたろうが。

正直なところ、後半はほぼ上海上港に押されまくりだったわけで、PK止めたのを含め、西川のセーブがなかったら、3-1くらいで負けてた試合だ。あのセーブに遭遇できただけでも、今日来た価値はあった。

招待客込みとしても、この天候で2万人を超える観客が来たのは予想外。それだけアジアの強豪とガチ勝負するACLが認知されてきている証拠だろう。

そもそも普段のリーグ戦に負けないどころか、勝っちゃうくらいに試合は白熱してるから。

1点を守り切った時、すでに雨が上がっていたのに気が付いた。



山中伊知郎

昭和29年生まれ。93年のJリーグ開幕時から、シーズンチケットでレッズを見続けている。職業はライター。山中企画という会社を作って、自分が制作費を投下して本も出版している。山中企画の新刊は『目が見えない演歌歌手』。生まれつきの全盲で、『NHKのど自慢』のグランドチャンピオンになったのをキッカケにプロ入りして今年10周年の演歌歌手・清水博正さんの本だ。昨年11月に出した、かつてのGS(グループサウンズ)をテーマにした『最後のGSといわれた男』(オリーブのマミー・著)に続く、音楽関連本でもある。6月にもまた、音楽関連本を出す予定。お笑いライブ『ちょっと昭和なヤングたち』(MC・イワイガワ)も開いている。65回となった次回は5月22日(月)。お江戸上野広小路亭。ゲストはねづっち、チャイムほか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/