浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 04/01  23:04

Jリーグ神戸vs浦和 選手コメント抜粋→『後半にチャンスが来ると信じてプレーして、それがゴールにつながった(柏木陽介)』など

  • 20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ第5節『ヴィッセル神戸vs浦和レッズ』の選手コメントを引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
浦研プラス
Jリーグ公式
をご参照ください。

第5節 vs神戸 柏木が全得点に絡む活躍、アウェイで勝ち点3を奪取(浦和レッズ)

2017-04-01_2306.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

【柏木陽介】
「前半はチームとしてうまくいかなかったですけど、ゼロで終えられたことをポジティブにとらえて、後半は自分たちらしいサッカーができればと思っていました。それが勝利につながってよかったと思います」

(自身のプレーについては?)
「前半はうまくボールに触れず、もどかしい部分がありましたけど、後半にチャンスが来ると信じてプレーして、それがゴールにつながったと思います」

(チーム3点目のゴールについては?)
「右足だったので難しいと思っていましたけど、1点目を決めていて、気持ち的に余裕が出ていたことで、決められたのかなと思います」

(キックの精度がよかったが?)
「いいボールが蹴れていましたし、(遠藤)航もやっと決めてくれました。最後のFKも、これで終わるのが分かっていたので、ハットトリックを狙いにいきました。ただ、自分の中ではターンして、というシーンももう少しあればよかったと思います。よかったと言っても、常に反省点は自分の中にあるので、改善できればと思います」

(生まれた神戸でこれだけのプレーを見せたことについては?)
「地元の少年団チームなども見に来てくれていたかもしれないですし、小学校のときの監督や、親、家族も見に来てくれていました。ただ、奥さんのおばあさんが昨日亡くなられていたので、何よりもそのことが自分の中にはありました」




【無料掲載】2017明治安田生命J1リーグ第5節・ヴィッセル神戸戦[遠藤航][選手コメント](浦研プラス)

○遠藤航

初ゴール。狙い通りでした! ようやく取れました。これまでも狙い通りのボールが来てシュートを打った場面は何回もあったんですけどね(笑)。あとは決めるだけだったんですけども。でも、今回もギリギリだったんですけどね。ポストに当たりながらゴールしましたから。もう少しバチっと決めたかったんですけどね。

今回はいつもより気持ち、遅く入り込んだのが良かったのかもしれないです。(柏木)陽介くんのキックはすごい速いボールというわけではなくて、巻きでピンポイントでゆったり入ってくるので、今までは少し早く入りすぎたのかもしれないです。湘南の時はそのタイミングで良かったんですけども、今はそれだと少し早いと思って、今回は相手がゾーンで守っていたのもあったので、少し遅らせて入ったのが良かったと思いますね、はい。それもキッカーの癖を把握すれば上手くいくんですよね。ただ、このチームは普段セットプレーの練習をしないので、そのタイミングは公式戦で少しずつ掴んでいく必要がありましたね。

これから得点量産するって? いやー、どうなんですかね(笑)。これが、相手がマンツーマンでマークしてきた時はまた違った入り方をしなきゃいけないですよね。でも良いボールが来れば、一回入ったことで余裕も生まれるでしょうしね。これからもセットプレーで点が取れればいいなと思います。

ビルドアップに関しては、前半は相手があまり出てこなかったのでボールの動かし方が難しいなと感じていたんですけども、後半は味方のボランチが落ちたのに対して相手のボランチも食いついてきたので、その分真ん中が空いたりして1点目のシーンに繋がりました。相手がリスクを負ってきたのに対して、自分たちも重心をしっかり前にしたり後ろにしたりして、意識してボールを動かせたと思います。

また、僕から武藤くんへのフィードも一回上手くいきました。あれはファウルだったんですかね。オフサイドもなく微妙な感じで、武藤くんのハンドだったのかと思って本人に聞いたら、そうでもないらしい。相手の手には当たっていたらしいですけども(笑)。でも、あのようなフィードは常に狙っていて、それでも前半は相手に警戒されていた雰囲気があって、『入れないほうが良いのかな』と思っていたんですけども、後半は相手が分かっていても入れてみようと思って、その1本が上手く通った形になりました。

相手の中盤が分厚くて、大森選手のポジションが浮く形でしたけども、前半は特に攻撃のことばかりを考えたボールの動かし方をせずに、モリくん(森脇)とマキくん(槙野)がそこまで前へ出すぎず、ボールを失った時のリスクも考えた動かし方だったので、そのバランスは崩さないようにしました。ただ、ミシャはもっとリスクを冒してほしいと思っていたみたいで、ハーフタイムに怒られました。でも、攻撃も守備も両方考えておくことが大事で、監督が言ってくれたからこそ高い位置でのボール回しができて結果的に勝てたとは思いますけども、それでも選手たちがしっかり判断していくことも大事だと思います。どこでギアを入れるかが分かっていれば良いと思うんです。後半は相手も前からボールを取りに来ていましたから、それを上手く利用できた。また先制できたのは大きかったですね。前半で失点してしまうと厳しかったですが、それは後ろがしっかり我慢できたことも大きかったと思います。



選手コメント(Jリーグ)

[ 宇賀神 友弥 ]
--リーグ戦での鬼門と呼ばれる神戸で勝利したが?
僕がプロになってから(リーグ戦では)一度も勝てていないスタジアムだし、2点目が入った時も、「このスタジアムは勝ててないから何かあるぞ」っていう声を掛けていた(笑)。実際にイージーな失点もしたし、あそこから崩れてもおかしくなかった。スタジアムの雰囲気もそうだし、やっている本人たちもそういう怖さがあるスタジアムだし、相手だった。ただ、4連勝して1失点しかしていない相手に、こうして3点取って勝てたのは非常に意味がある試合だったと思う。

--3点目は宇賀神選手のクロスからだったが?
1つのポイントとして、あの時間帯(後半アディショナルタイム)で相手のFKの質が悪いのを見て走り出せたことが一番良いところだったと思うし、あそこから時間を稼ぎにいくっていう選択肢もあった中で、3点目を取りに行くんだぞという姿勢が良かったと思う。

冷静に(柏木)陽介の動きを見た中で、良いアシストができたかなと。でも僕のボールを言うよりは、陽介の技術のゴールかなと思う。

--DFとGKの間に理想的なクロスを送った。
コースはだいぶ良かったと思うし、もう1つ前に上げるタイミングがあったけど、そこで駆け引きしたことによって、GKがグッと下がったからあそこに通ったと思う。最初のタイミングだったらGKも読んでいたと思うので、その駆け引きもできるぐらい落ち着いてクロスを上げられたと思う。

[ 渡部 博文 ]
--3失点は悔しいと思うが、守備を振り返ると?
前半はマークを付く選手のところがすごくハッキリしていたので、相手に好きにさせていなかったと思いますし、相手も自分たちの守備を非常に嫌がっていたなという印象があります。

--後半、相手も攻勢を強めたと思うが?
前半よりは前に前に攻撃的な縦パスだったり、ロングボールだったりが間違いなく増えた印象はあった。自分たちも受け身になり過ぎずに、ああいった形でボールを奪いに行ったところで剥がされてしまったのが1失点目になるので、剥がされて数的不利になったときに自分たちがいかに冷静な対応ができるかといったところが、ポイントだったのかなと思います。

--ボールを奪ってからの攻撃については?
良い形でカウンターもできていたと思う。最後のゴールを決め切ることもそうですし、自分たちが追い付ける場面で、3失点目を食らってしまった。非常にもったいない失点が続いてしまった。

--今季初の黒星だが?
試合が終わった後に、監督から「意味のある敗戦だった」と言ってもらって、自分たちも戦う姿勢は見せられたと思う。改善しなきゃいけないところはたくさんありますけど、これから連戦もある。この敗戦が意味のあるものだったと自分たちもとらえて、上位にこれから食い込んでいきたい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/