浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 03/05  08:40

Jリーグ浦和vsC大阪 監督コメント抜粋→『立ち上がりから非常にアグレッシブな素晴らしい戦いを見せてくれた(ミシャ監督)』など

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ第2節『浦和レッズvsセレッソ大阪』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

監督コメント(Jリーグ)

[ ペトロヴィッチ監督 ]
まずはわれわれ、2週間で5試合というマラソンをなんとか走り抜くことができた。今日のC大阪戦は非常に難しい、厳しいゲームになると思っていた。なぜならJ2からJ1に上がってきたチームは非常に強い気持ち、高いモチベーションで試合に臨んでくると思っていたし、特にわれわれ浦和との対戦はどのチームも特別なモチベーションで臨んでくる。そういう中でのゲームだったので、非常に厳しいゲームになるだろうと予想していた。

ただ、選手たちは立ち上がりから非常にアグレッシブな素晴らしい戦いを見せてくれたと思っている。特にボールを失った後の切り替えが非常に早く、相手に落ち着いた形で危険なカウンターの機会を与えない。そういった切り替えの早さで相手の攻撃の芽を摘んでくれていたと思う。そういう中で素晴らしいゴールを重ねてくれた。60分すぎまではそういうわれわれが狙いとしている戦いは十分にできていたと思うが、60分すぎから徐々に選手たちに疲れの色が見え始めて、そこからは狙いとするような戦いはできない場面が増えたが、選手たちは最後まで自分たちの力を振り絞って走り、戦ってくれたと思う。試合を通して見れば、われわれ浦和レッズが勝利に値するプレーができたゲームだったと思う。




ミシャ監督 C大阪戦試合後会見(浦和レッズ)

2017-03-04_2245.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

【質疑応答】
(5連戦で3勝2敗、得点16、失点9という数字だったが、この5試合をどのように総括しているか?)
「まずは、2敗した鹿島戦とF・マリノス戦からコメントしましょう。

鹿島戦とF・マリノス戦、両試合とも前半はあまり出来がよくなく、後半に我々が狙いとした、いい戦いができました。両試合とも、先制されて追いかける形でした。鹿島戦は0-2とリードされたところから、後半に非常にいい戦いをできた中で2-2と追いつき、逆転してもおかしくない展開を作れていました。残念ながら、最後は我々のもったいないミスから失点し、敗れてしまいましたが。

そしてF・マリノス戦は、0-1でリードされた中で後半に逆転したのですが、残念ながら非常に安い失点をして、試合を落としてしまいました。いい戦いができて2連勝で終えることができたACL、そして今日も勝利できたC大阪戦でしたけど、F・マリノス戦の敗戦は、私は非常に不満です。我々はシドニーに長い移動をして戦い、長い移動をして戻ってきた中で、選手たちは非常に労力を費やし、パワーを持ってあのゲームに臨んでいたと思います。そして特に後半は非常にすばらしいゲームをしてくれました。その中で、あの試合をものにできなかったというのは、私はあってはならないと思っています。まだああいう戦いで勝ちきれない、ポイントが取れないというのは、自分たちの目標に到達するにあたって、そこに届かない部分が、そういったところにあるのではないかと思います。

F・マリノス戦の2失点目、今日の失点と、2つともCKからやられています。ニアストーン、フリーマンがいる中、マンマークでついている選手がいる中で、ニアに合わされて失点という、2つとも同じ形でした。そういった部分はしっかりと修正しなければいけないと思いますし、我々レッズがこれから優勝を目指して戦っていく中で、あってはならない失点だったと思います。

5試合をトータルして見ると、よかった部分とそうでなかった部分、両方を見ることができたと思います。疲労がある中でよくやってくれたと思いたい部分と、今後に向けて修正していかなければいけない、両方の気持ちが混ざった5試合だったと思います」

(中盤の底のポジションには阿部と柏木の他、青木、駒井、遠藤、那須がいる。連戦の中で一番消耗するポジションだが、今シーズンはそこを厚くする意図があったのか?)
「昨年までは、このポジションがなかなか替えの効かない状況にあったのは間違いありません。今シーズンに入るにあたって、このポジションで起用できる選手を増やしていきたいという思いがあったのは確かです。

ただ、我々のチームのやり方で真ん中のポジションをやるのは簡単ではありません。ある程度の時間をかけてトレーニングを積んでいかなければ、あるいは試合をこなしていかなければ、この真ん中のポジションは、こなすことが難しいです。守備的な選手だけでもダメですし、攻撃的な要素を持っている選手だけでもダメです。両方をしっかりとできる選手が、真ん中をやらなければいけません。

我々のサッカーにとって、この真ん中のポジションは心臓です。その心臓部の選手というのは、しっかりと守備もできなければいけないですし、ボールを前に運べないといけません。そして的確なタイミングでボールを縦に入れ、サイドを変え、左右、前にボールを出せないといけません。そうしたものが求められるポジションです。真ん中にいて、ボールがそこにあるということは、攻撃において選択肢が増えるポジションでもあります。ボールが真ん中にあれば、右にも左にも前にも出せる。その意味で、真ん中の選手は攻撃においても非常に重要な役割を担いますし、守備においても重要な役割を担います。今シーズン、この5試合の中で、ここができる選手が増えたことは見せられたと思いますし、その意味でこの5試合は、今後の展望として、ポジティブな状況であると言っていいと思います。

やはり日本のサッカーは、私は変化してきていると思います。以前であれば、非常に得点能力の高い外国籍選手がいれば、そのチームは限りなく優勝に近い、あるいは優勝できるチームであったと思います。ただ、日本のJリーグの選手たちもレベルが上がり、DFの選手のレベルも上がり、対峙するにあたって1対1で負けなくなりました。あるいは、しっかりした守備の組織で個に対して守れる、そうした戦い方をするチームが増えてきています。その中で、得点能力に優れた個の外国籍選手だけがいても勝てなくなっているのが、今のJリーグだと思います。

その中で我々が非常に大事にしているのは、いかに後ろから質の高いボールを入れられるか、あるいは相手の守備ブロックを剥がしていけるか。それをチームとして求めてやっています。なぜそういうことが必要かと言えば、後ろからボールを持って相手の守備ブロックを剥がしていけば、相手は空いた穴を埋めにきます。そのことによって、相手の守備組織にズレが生まれます。そのときに前線の選手にいいボールが入れば、選手たちは縦パスを入れるよりもいい形でゴール前に入れ、崩しやすくなります。ですから我々の戦い方は、後ろ、あるいはボランチの選手による攻撃の組み立て、ボールの運びが重要になります。

メッシは世界的なすばらしい選手ですが、メッシもバルセロナの周りの選手が彼にしっかりとお膳立てをしているから、彼の能力が生きているのです。他の選手が後ろで守っているだけで、メッシに『前はお願いします』と、彼だけに得点を求めても、彼1人では相手の守備を崩すことはできません」

(3点目を取ってからセットプレーで失点したが、3点を取った後も、リスクを負って4点目、5点目を取りに行く姿勢を続けていくのか?)
「我々と対戦する、国内の多くのチームが、我々に対して守備的に構えて速攻を狙ってきます。相手が出てこないなら、我々も行かないという状況の試合も作ることはできるでしょう。ただ、我々のホームゲームでは、4万、5万というファン・サポーターが我々を応援しに来てくれます。その人たちにそんな退屈な試合を見せられるでしょうか。

我々が0-0でいいという戦い方をすれば、ファン・サポーターのみなさんは満足しないでしょう。ただ、逆に5-4で勝ったとしても、それを楽しく、喜んでくれる方もいれば、『なぜ4失点もしたんだ』と批判する方もいるのが、レッズです。どんな試合をしたとしても、それに対してあまり満足されない、厳しい目で見られているのが、レッズの宿命だと思います。

この間、川崎が香港のチームと香港で戦い、1-1で引き分けました。最後に挨拶するとき、川崎のサポーターは温かく拍手し、選手たちを鼓舞したと思いますけど、あれがレッズなら、ファン・サポーターはブーイングしていたと思います。浦和レッズは、日本で最も多くのファン・サポーターを抱えているクラブであり、厳しい目を持っている方も非常に多いです。我々は勝つだけでなく、内容もしっかりと求めながら戦っていく、そういう使命感を持ってやっています。

我々レッズは、勝利というものを求められているビッグクラブですし、勝つためにどうすればいいかと言えば、やはり攻撃するしかないと思います。攻めること、得点することが、勝利につながると思います。ですから我々は攻撃的なサッカーを追求していきたいと思います。

レッズで仕事をすることは、監督としても選手としても非常にやりがいのあることだと思います。常にベターなものを求め、常に半歩でも一歩でも成長していくことを考え、努力していかなければいけません。それは我々にとって、大きなモチベーションになります。

私は日本で12シーズン目になりますけど、ほぼ毎試合、相手チームは守備的に戦い、いかに我々のサッカーを消すかということをしながら、カウンターを狙うサッカーをしてきます。その中で、こういうふうにやれば相手の守備を崩せる、かいくぐれるということを、毎試合、毎シーズン考えながらやっていくというのは、決して簡単なことではありません」



監督コメント(Jリーグ)

[ 尹 晶煥監督 ]
まずは、遠いところまで足を運んでいただいたサポーターの皆さんの期待に応えられず、本当に申し訳ないと思っています。久々のJ1という舞台で、一番強いと言われている浦和との対戦で、選手たちは最後まで諦めることなく走り切ってくれました。ただし、前後半を通して、守備と攻撃で何一つちゃんとできた部分はなかったと思います。反省して、次の試合でもっと改善していけるように頑張りたいと思います。

--前半の展開を受けて、後半どのように試合を改善しようとしましたか?
選手たちは前半、少し体が固まっている様子が見えました。「強豪の相手だとしても、もう少し自信を持って、前を向いて戦おう」という話をしました。選手たちはそれを自信に変えて、後半頑張って戦ってくれたと思います。

--冒頭で「攻撃も守備もいいところがなかった」というお話もありましたが、具体的には?
守備のところでは一発で崩されたり、バランスが崩される場面がありました。守備では組織的な部分を今まで練習してきましたが、そういう部分がうまくできていないところもありました。奪ったボールもすぐに失い、守備の時間帯も長くなり、攻撃も活発にできませんでした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/