浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 02/28  08:36

【試合前の議論はコチラ】ACLグループステージ/MD2『浦和レッズvsFCソウル』情報まとめ

  • 63
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2/28に行われるACLグループステージ/MD2『浦和レッズvsFCソウル』の試合前議論スレになります。

以下、試合前情報まとめです。

【浦和】ソウル戦へ4バックを練習(スポーツ報知)

 ペトロヴィッチ監督(59)はFCソウル戦へ向けた公式練習で、代名詞の3バックではなく、4バック布陣を試した。

 J1開幕戦の横浜M戦は守備を崩され、2―3で敗れたこともあり、緊急手術した格好だ。日本代表DF槙野は「やることは変わらない」と詳しく語らなかったが、球際の勝負が重要という。



浦和李「成熟した浦和見せる」FCソウル戦へ気合(日刊スポーツ)

 Jリーグ開幕戦で左太ももつけ根のケガから復帰したMF柏木陽介(29)が、この日の練習には参加しなかった。患部に張りが出たため、大事をとって練習を回避した。

 練習ではハーフコートでの実戦練習を中心に行った。MF阿部勇樹主将(35)とケガで離脱中のMF梅崎司(30)はここには加わらず調整した。主力組は通常の3バックではなく、4バックで練習。DFラインは左から宇賀神友弥(28)、槙野智章(29)、那須大亮(35)、森脇良太(30)が並び、中盤は右サイドでの起用が多いMF関根貴大(21)を左サイドに配置した。また前線はFW興梠慎三(30)、李忠成(31)、武藤雄樹(28)の「KLM」が入った。



FCソウル 試合前日公式会見にミシャ監督と李が出席(浦和レッズ)

27日(月)、埼玉スタジアムでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017 グループステージ MD2 浦和レッズvsFCソウルの試合前日公式会見が行なわれ、レッズからミシャ監督と李 忠成が出席し、明日の試合に向けて意気込みを語った。

【ミシャ監督】
「FCソウルは、これまでも練習試合で対戦してきた相手ですし、昨シーズンもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で戦った相手です。そして、今シーズンに入ってもプレシーズンマッチで戦い、お互いによくわかっている対戦相手です。 

昨年のACLに関しては、我々は残念ながらPK戦の末に敗れてしまいました。常に対戦すれば、内容、結果ともに拮抗した試合になる相手です。ソウルも我々も素晴らしいチームであり、それゆえに五分五分に渡り合える厳しいゲームになるでしょう。レッズとしては運動量、球際で高いレベルにもっていかなければ、厳しいゲームになると思います」

【李 忠成】
「まずは2017年最初のホームで素晴らしい相手と対戦できることをとても楽しみにしています。選手だけではなく、チーム関係者にとっても、昨年の韓国の王者であり、ACLでPK戦の末に敗れたFCソウルを相手にホームで戦えることは、神様がくれたとても楽しみな舞台だと思います。選手たちはコンディションも整って、いい準備ができているので、素晴らしい試合ができたらと思います」



関根貴大「自分たちがやってきたことを出して、チームの勝利に貢献する」(浦和レッズ)

「FCソウルとは、約2週間前にさいたまシティカップで対戦していますが、相手のことよりも、自分たちがやってきたことを継続して出していくことが大事だと思います。局面で目の前にいる相手に勝つことだけを考えてプレーしていきたいです。

球際のところや、基本となるところでしっかり勝てれば、自分たちがやってきたサッカーを出せると思います。そこでしっかり相手を上回りたいです。

どんな試合でも結果を残していくことが大事ですが、前回のマリノス戦は、結果というところでは足りなかったと思います。チームの中で、マリノス戦の反省から生かせることについての話し合いをしました。どういうやり方であっても、チームとして一人ひとりが規律を守ってやることが大事です。頭を整理しながら試合までにしっかり準備していきたいと思います。ACLでしっかり2連勝できるように、チームの勝利に貢献していきたいです」





試合は埼玉スタジアムで19:30キックオフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/