浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 02/26  08:53

『敗戦も手応えを実感「日に日に良くなってきている」(ラファ)』『コンディション不良明白』など【浦和レッズネタまとめ(2/26)】

  • 38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月26日のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

浦和 ラファ2発空砲に...学に"お手上げ"森脇切り裂かれ3失点(スポニチアネックス)

 V奪回をノルマに掲げる浦和が開幕戦でつまずいた。最大の敗因は右サイドの攻防。DF森脇が再三にわたり、横浜の日本代表MF斎藤にドリブル突破を許す。前半13分に奪われた先制点、土壇場の決勝点とも右サイドを崩され、最後は中央からズドン。ペトロヴィッチ監督は「横浜に負けたというより斎藤に負けた」とお手上げだった。

 試合後、取材ゾーンにもため息がもれた。DF槙野は「甘いっ。個の問題でもある。(右から崩される形が)何回あったんだろうと。完璧に崩された。去年は数えるほどしかなかったけど」と悔いた。前半はシャドーに入った柏木を後半は定位置のボランチに入れ、逆転するも守備がぶち壊し。苦手な横浜との開幕戦は通算1分け5敗となった。



浦和加入後初スタメンで2発のR・シルバ、敗戦も手応えを実感「日に日に良くなってきている」(サッカーキング)

 まずは1点目。0-1で迎えた63分、関根貴大の右からのクロスに対して中央からニアへ興梠慎三が相手DF2人を引き連れると、ラファエル・シルバは胸トラップでボールを頭上に浮かして相手DFをかわし、落ちてきたボールを右足でゴールに流し込んだ。「シンゾウがうまい形でニアでDF2人を引き付けてくれたことで、僕がいい形でトラップできて、うまくゴールに押し込むことができた」

 巧みな技術で真っ赤に染まったアウェー側スタンドを沸かすと、その2分後、まだ同点の余韻が冷め切らぬ中、今度は柏木陽介からのロングボールを頭で合わせた。「ヨウスケが中央で起点を作ってくれて、裏へ抜ける僕の動きに気付いてくれたことで、ヨウスケの素晴らしいフィードを受けることができて、僕も落ち着いてゴールを決めることができた」と、あっという間の逆転劇を披露した。

 今シーズン、アルビレックス新潟から完全移籍で加入。キャンプ中にケガを負い、18日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPを欠場。AFCチャンピオンズリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で復帰し、まだまだコンビネーションがパーフェクトとは言い難い。それでも、「日に日に良くなってきていると思うし、試合を重ねるごといい形にできていると思う。レッズは能力が高く、正しい判断を即座にできる選手が多いので、一緒にプレーしやすい選手たちばかり」と手応えを口にする。



浦和、まさか3失点逆転負け...槙野ら選手のコンディション不良明白(サンスポ)

ゼロックス杯、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場などで過密日程になったことが影響したのか、選手の動きは重かった。日本代表DF槙野は「日程は関係ない。キャンプから準備してきたわけだから」と言い訳にはしないが、コンディション不良は明白だった。



村井チェアマン 鹿島&浦和共倒れでJ1"群雄割拠"を予想(スポニチアネックス)

 鹿島―FC東京戦を観戦したJリーグの村井チェアマンは「浦和も負けて鹿島も負けて、戦国時代の様相」と今季を予想した。

 トイレの最中に決勝点が決まったため、ゴールシーンは試合中に早速DAZNの映像でチェック。「私の見る限りでは安定して見えた。情報収集して、改善の必要があれば対応していかないといけない」と話した。一方で、視聴するためのWi―Fi環境については「改善する必要はある」とした。



DF陣がほぼ変わらないメンバーで連戦を戦っている中、2/28にホームで行われるソウル戦ではどのようなスタメンとなるのでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/