浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 02/25  18:08

Jリーグ横浜FMvs浦和 監督コメント抜粋→『今日のゲームは非常に際どい勝負だった(ミシャ監督)』など

  • 103
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ第1節『横浜F・マリノスvs浦和レッズ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

監督コメント(Jリーグ)

[ ペトロヴィッチ監督 ]
試合自体は非常に興味深い、面白い試合だったのではないかと思う。両チーム合わせて5得点入ったということは、見ている側からすれば面白いゲームだったと言っていいのではないかと思う。

前半はなかなか自分たちの攻撃の形が作れない中で、シャドーの選手、柏木(陽介)選手と興梠(慎三)選手がボールを受けに下がり過ぎていたような状況で、なかなかボールが前に入らず、自分たちの攻撃の危険さを出せないゲーム展開だったと思う。そういう中で相手に良い形で得点されて、0-1でリードされる展開でゲームが進んでしまった。

後半に入ってからはわれわれが主導権を握り、良い形での攻撃をいくつも作れたと思う。そういう中で同点、逆転とできたわけだが、その後、CKから同点に追い付かれ、2-2の状況の中で関根(貴大)選手がGKと一対一の状況を作って、それが入らない中で逆に相手に入れられてしまうという展開になってしまった。試合を決定づけるようなポイントでわれわれがしっかりと守らなければ、多くのチャンスがある中でそれを決めていかなければ、こういうゲームで勝利するのは難しい。

非常にゲームをコントロールしながらうまく進められていたと思うが、今日のゲームはマリノスに負けたというよりは、齋藤(学)選手に負けてしまったのかなと。そう言ってもおかしくないような齋藤選手の素晴らしいパフォーマンスだった。もちろんわれわれは齋藤選手がいかに危険な選手かは分かっていたし、それに対して十分な注意を払っていたつもりだが、残念ながら齋藤選手にやられてしまった感はあるだろう。




ミシャ監督 横浜FM戦試合後会見(浦和レッズ)

2017-02-25_1811.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

【質疑応答】
(前半の状態から後半どのように働きかけをしたのか?)
「基本的に、やりたいことは前半も後半もあまり変わってはいません。ただ、後半少し変えたことは、前からのプレッシャーのかけ方を変えました。前線の真ん中の2枚の選手が相手のセンターバックにプレッシャーをかけてサイドの選手は、サイドバックにプレッシャーをかけに行き、そしてサイドの選手は、サイドバックにプレッシャーをかけにいかせました。そしてボランチの選手は、相手のボランチにプレッシャーにいき、6人の選手が相手のボールポジションに対して、前からプレッシャーにいくというところを選手には指示しました。それがうまくいったからだと思います」

(この日程の中で、今日のスターティングメンバーを大幅に入れ替える考えはなかったのか)
「我々が例えば、2-1のスコアのままリードしたスコアで勝利をしていたら、誰もターンオーバーに関しては聞かなかったと思います。私の監督としての仕事、見方とメディアの方たちの我々を見る視点は違うと思いますが、自分たちは試合に勝利するためにチームがどのようなスターティングメンバーでいくのかを決定しなければいけません。みなさんは、結果を見てそれに対してコメントします。そういった両者の違いがあります。

我々が、今日ターンオーバーをしないで負けたことで、なぜターンオーバーをしないのかと言われます。ターンオーバーをして負けたら、なぜそんなに入れ替えたのかという質問が出ていたと思います。我々の選手は、後半、マリノスの選手より走っていたと思います。決して相手の選手より走れていないと思っていません。今日に関しては、チャンスも作れていました。残念ながらチャンスに対してゴールの割合というのがよかったは言いませんが、特に後半の出来に関しては、決して連戦で疲れていると思わせるような試合内容ではありませんでした。

私は以前からこのようなコメントをしてきましたが、ターンオーバーのためのターンオーバーは意味がありません。監督である私が、この選手とこの選手を変えれば、この試合でいいようにいくといった感覚的な部分がなければ、私は決して選手を入れ替えたりはしません。今日であれば、ラファエル シルバ選手、柏木選手あるいは駒井選手が、今日は先発してうまくいくだろうという確信を持っていなければ、変えることはありません。

今日のゲームは非常に際どい勝負だったと私自身は思っています。今日はマリノスが勝利しましたが、決して我々が勝利してもおかしくないような試合だったと思います。それくらい非常に拮抗した内容のゲームでした。

我々は次の火曜日には、もうAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のFCソウル戦が待っています。あまり練習で修正している時間はありませんので、しっかり前を向いて次の試合に向けて準備していくしかありません。そのFCソウル戦のあとには、Jリーグのセレッソ大阪戦が待っています。この連戦、いかに自分たちがいい準備をして次の試合に臨めるかということに集中していきたいと思っています」

(関根選手のチャンスがあったあとの失点は、これまでもビッグチャンスのあとの失点を経験してきたが、対応の問題を感じたが、チャンスを決められないことが理由なのか?)
「サッカーを長く見ていれば、サッカーの世界ではよくあることだと思います。決定的なチャンスを外せば、自分たちに罰が与えられます。多くのチャンスを外していれば、ワンチャンスで決められることはサッカーの世界の中ではよくあります。チャンスが自分たちにあった後で、それを外したあとに相手に入れられてしまうということはよくある話です。

私自身、今日の試合に関しては、2点目のコーナーキックからの失点が、痛い失点でした。そのことが今日勝利できなかった理由の一つだと思います。2対2になった後、試合がオープンな展開になってしまいました。我々は2対2になった後でも、得点をして勝利をするべく攻撃的に戦いました。マリノスは、もしかしたら引き分けでもOKだというような戦い方だったかもしれません。その中で、我々にチャンスがあった中で、カウンターを食らったわけです。たらればではありますが、関根選手のゴールが決まっていれば、試合の結果は違った結果だったと思います。終盤に入って、どちらに勝敗が転ぶか分からない非常に拮抗したゲーム展開でありました。

我々にとって非常に痛い形での敗戦になりましたが、私は監督として、チームも慌てることはないと思っています。我々にはまだ長いリーグ戦が待っています。そういう中で、リーグ戦を取り返していく力があると思っています。ただ、火曜日に非常に重要なACLのFCソウル戦が待っています。その試合をホームで勝利できれば、グループステージを突破する上で、非常に大事な勝ち点3になると思います。そういう意味で、我々は次の試合に向けての準備をしていかなければいけないと思っています。FCソウル戦は、全力で勝ちにいかなければいけないゲームになると思います」



監督コメント(Jリーグ)

[ エリク モンバエルツ監督 ]
総括するのが非常に難しいゲーム。チャンスの多い、インテンシティーの高いゲームだったと思う。Jのトップレベルにある浦和とやるので、こういう内容になるというのはある程度予想できていた。もちろん勝利はうれしいが、もう少し自分たちがボールを持つことができたらと......。ただ、ゲームをやっていくうちに、ゲーム数をこなしていくうちに、自分たちのポゼッション、ボールをつなぐというところも向上してくると思う。そして、今日はフィジカル面も最後まで出し切ることができた。そしてメンタルの強さも素晴らしかった。

--前半はゲームを支配して、後半はやや消極的になってしまったように感じたが。
後半も前半と同じようにやりたいと考えていた。ただ、リードしていたという展開で、守りに入ってしまったのかもしれない。

--新戦力の選手たちがチームにフィットしていたのは狙い通りか?
新しい選手たちがうまくチームに入れているというのは、今季の早い時期から合流できているからだと思う。そして、われわれの選手の力はとてもきっ抗している。途中から入ったメンバーも、先発から出られるだけの力を持っている。ウーゴ ヴィエイラも違いを生み出せるクオリティーを持っているということは分かっていた。(前田)直輝も高いクオリティーの持ち主なので、活躍してくれると思っていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/