浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2016 11/25  08:02

明治大学からの教訓。槙野「どんな相手でもゼロに抑えないと。良い教訓を明治大学から教えてもらった」【ミニコラム】

  • 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ初年度から浦和レッズを追いかける河合貴子さん。
その河合貴子さんによる選手ミニコラムを紹介させていただきます。


【選手ミニコラム】明治大学からの教訓。槙野「どんな相手でもゼロに抑えないと。良い教訓を明治大学から教えてもらった」(浦和フットボール通信)

TAK_7726_R-660x441.jpg(Report by 河合貴子)

代表では試合に出場できない悔しさを味わってきた

浦和で左ストッパーとして活躍する槙野智章選手。しかし、日本代表に選出されてもピッチに立つチャンスは回って来なかった。試合に出場できない悔しさを味わってきたのだ。

槙野選手は「高校生に戻った感じで、1対1、2対2、3対3など浦和で見られない練習をしてきた。競争意識が芽生えた」と話した。

そして「チャンピオンシップに向けてやらないといけないことも分かった。実戦から離れているが、ひとつひとつのプレーの声がけで流れを変える存在価値を高める。チャンピオンシップに向けて、ギアを上げないといけないし、士気もあげないといけない。チャンピオンシップは、守備がポイントになる。前線を含めて後ろからの声を掛けてベース作りをやっていかないといけない。23日の川崎と鹿島の試合分析も大事だが、積み上げて来たものを出すのが一番。怪我人や疲労もあるが、それを打ち払うハードワークが必要だ。チャンピオンシップを経験しているのは、僕たちだけだ!」と意気込んだ。

だが、明治大学との練習試合での槙野選手のパフォーマンスは、正直なところ褒められるものではなかった。試合から遠ざかると、こんなにもパフォーマンスが落ちるものなのかとガックリとしてしまった。オーバーラップして攻撃に参加はするが、攻めが中途半端な形になってしまっていた。また、自陣でのミスも目立ってしまった。気持ちが強い選手が故に、どこか空回りしているように見えてしまい不安になってしまった。

槙野選手自身も「天皇杯も出ていないし、代表でも出ていない。実戦から僕は遠ざかっている。ゲーム感覚を取り戻すことと良い雰囲気作りをして上げていく」と話し「満足のいく内容や結果ではなかった。そこは、プラス内容だ。自陣でのミス、あれが川崎や鹿島だったら失点だったし、試合終了間際の締めるところは、締めないといけない。どんな相手でもゼロに抑えないと。良い教訓を明治大学から教えてもらった」と話した。

槙野選手は、非常にクレバーなところがある選手である。失敗を教訓にして、努力を重ねて這い上がって来た選手だ。ただ、その努力しているところをあまり見せないから誤解されることも多い。チャンピオンシップ決勝第1戦まで、あと1週間。槙野選手は、必ず明治大学との練習試合での教訓を生かして、しっかりと調整してくるだろう。




浦和フットボール通信ではこのほかにも下記の記事を掲載しております。


【レッズ練習試合レポート】写真レポート<計70枚>
http://www.targma.jp/urawa-football/2016/11/23/post4814/

【レッズ練習試合後、選手コメント】青木「今日は、みんな疲れていた。回復すれば良くなる」駒井「川崎に負けているから、川崎とやりたい」
http://www.targma.jp/urawa-football/2016/11/22/post4812/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/