浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2015 04/26  09:40

【山中伊知郎の素人目線2015】J1 浦和vs名古屋『アジアから世界に向いていかないと、3万割れが5万には戻らない』

  • 178
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山中伊知郎レッズコラム2010





▼観客数が表示された時、ゴール裏が静かになった
せっかく勝ったのに、どうも素直には喜びきれない。やはり火曜日の水原三星戦の敗戦をまだ引きずっているのかもしれない。

それだけ、あの敗戦は、ショックが大きかったんだろうと思う。

さらにもう一つ、大きくヘコむ要因があった。

後半30分過ぎ、オーロラビジョンに発表された観客数は29803人。3万人を割っていたのだ。
その数字が出た瞬間、南側自由席から見た反対側のレッズ・ゴール裏が、しばらく静かになったような気がした。あくまで「・・・気がした」だけで、本当は応援のチャントとチャントとの間に過ぎなかっただけなのかもしれないが、何となくゴール裏までショックを受けたような感じだった。

ちなみに2010年、5月5日の休日ながら、名古屋との試合に埼スタにやってきた観客数を調べてみたら55410人。

きょうは土曜日でやや条件は悪いとしても、天気もよかったし、夜になって冷え込んできたものの、観客の集まる日中は別に寒くはなかった。

それで、観客数がわずか5年の間でこれだけ違っているというのは、やはり何か考えなくてはいけない。


▼来年はACLに全力投入してほしい
で、考えるといって、すぐに思い浮かぶとしたら、「世界に羽ばたく浦和レッズ」だろうな、やっぱり。
柏レイソルは、ACLに勝つために、ある程度、Jリーグの日程を犠牲にしたらしいじゃないの。なぜレッズはそれができなかったんだろう。

AFC(アジアサッカー連盟)や日本サッカー協会にも協力してもらって、リーグ戦を平日にして、土日の観客の集まる日にACLの予選リーグやったっていいくらい。

クドいけれど、2ステージ制の過密日程にしたのは何の意味があるのだろう。ただ、ポストシーズンがあって、選手が疲れるだけではないか。

もしファーストステージの優勝に価値がある、と世の中の人たち、もっと狭く言えばレッズを応援する人たちが考えているとしたら、優勝争いのトップにたっている今の状況で、埼スタで3万人割れというのはあり得ない。

ぶっちゃけていえば、ACLが5戦未勝利と、「世界」どころか「アジア」でもコテンパにされている中で、Jリーグの1シーズンの半分で優勝したとして、それで興奮できる人は少ない、ということだ。

もし来年もACLに出られるなら、私は、Jリーグの前半戦は捨てて、ACLの方に全力投球したっていいんじゃないの、とすら思ってる。 

そうやって、「アジア」から「世界」に向いていかないと、3万割れが5万には戻らない。

▼5/2ガンバ戦に注目
試合そのものも、やはり水原三星の選手が見せた「捨て身」の鋭いアタックと、どんどん前にパスを出していく姿勢に比べて、きょうの両チームは、鋭角的攻撃の部分ではヌルい感じはあった。

チョン・テセあたりに「技術はあるんだけどなァ・・・」なんて余裕かまされて、日本の選手はみんな悔しくないのかね。
闘莉王も、昔に比べて、あんまり前に出なくなったな。

その中で、よくやってんじゃないの、といえるのは西川と関根と武藤か。

西川なんて、試合終了直前で1点取られたのを相当悔しがってたけど、彼でなかったら、もう1~2点は取られてた。ただ、気をつけないといけない。あのくらいやれる選手なら、ヨーロッパの中堅クラブあたりが目をつけてくるかもしれない。

武藤は、この前のマリノス戦の得点で調子に乗ってきたみたいだし、関根も、きょうの得点をキッカケにして、乗ってくるかもしれない。しばらく中2日や3日の連戦が続く中で、調子の上がってきた攻撃陣が複数いるのは大きい。

ただ、これから優勝争いを繰り広げていったとして、観客数がどんどん回復していくか、となると首をひねらざるを得ない。レッズに限らず、Jリーグ同士の試合に、常連ではなく、初めて見に来るような層までワクワクさせるドラマもないし、スターもいないのだ。

5月2日のガンバ戦、4万人を割り込むことはないように願いたいね。



山中伊知郎
昭和 29 年生まれ。 93 年のJリーグ開幕時から、シーズンチケットでレッズを見続けている。職業はライター。
社長をつとめる山中企画は単行本の出版を行っている。3月には、整体師・中山建三さんの著書『夫婦で学べる! 認知症、寝たきりを防ぐ奇跡の「腸」整体法』 をリリース。その後も、相次いで本を出す予定。5月には、原宿を中心に20店舗あまりのアパレルと雑貨の店を展開する起業家・青木ヨースケさんの起業本 『アメではない! 人生をナメるのだ!』という本を出す。
19日には上野広小路亭でお笑 いライブ『ちょっと昭和なヤングたち53』も開催。MCはイワイガワ。ゲストはロケット団、コント青年団、ポンちゃん人形など。
あと、月一回のペースで、起業を目指す人たち向けの「起業カフェ」も開いていて、その映像はYou tubeで見られる。  



bfb320100.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2017
07/ 08/ 09/

2017
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/
2016
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/