浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2015 04/23  07:33

【山中伊知郎の素人目線2015】ACL 浦和vs水原三星『落胆とともに、いろいろなことを考えさせられた一戦』

  • 52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山中伊知郎レッズコラム2010





▼あっちは速いのにな
「あれ、きょうは文化シャッターの『Nice Save』、ないの?」
「Jリーグの試合と違うんじゃねぇ」
「惜しいな。きょうは、いっぱい使うとこ、あんのに」
南側自由席で、ふと漏れ聞こえてきた、後ろの会話。ついつい私もうなずいてしまった。

特に前半、西川は「Nice Save」の連発だったからね。

まともにやってたら2点くらい入れられてた。

だから、後半、ズラタンの1点があっても、「これで勝った!」なんて気には99%ならなかったな。そりゃ、点取ったのはよかったとしても、まわりの雰囲気も、「イケる!」ではなく、「あとはとにかく逃げ切ってくれ!」だった。

何しろ、南側の自由席から見ると、後半になると、攻めて来る水原三星の攻撃陣がどんどん迫ってくる。元フロンターレのチョン・テセの動きがやや緩慢なので、「こいつがいる間は少し安心」と思ってたら、さっさと交代もさせられてて、「こりゃ、マズい」だな。

実際、あとから入った12番、1点目決めたからね。

悔しいったら、悔しい。が、試合見てた人間のほとんどは正直、感じただろうが「順当負け」。

「球際」っていうのか、ボールの奪い合いでの迫力も、ボールを奪ってから攻撃に転じるカウンターのスピード感も、ゴール前での攻撃パターンの多さも、積極的にゴールに向かう姿勢も、レッズは相手にかなわなかった。

後ろで会話していた二人も、
「遅いよな。なんであんなにのんびり攻めるんだよ」
「あっちは速いのにな」
と何回かグチッてた。


▼選手生命を左右しかねない一夜だったのかも
残念といったら、高木かな。せっかくのチャンスで決められずに、ピッチを叩いて悔しがる映像がオーロラビジョンに流れていたが、彼の気持ちはとてもよくわかる。せっかく期待されて移籍したものの、試合も出たり入ったりでフル出場もない。そしていまだ無得点。

こりゃ何がなんでも1点決めたいに決まってる。

しかし、アシストはしたものの、結局、きょうも得点は決められなかった。

一度、無得点のエアポケットにハマりこんでしまうと、なかなか脱出できず、そのうち出番もなくなっていく。

あるいは、点を決めるか決めないかが、この人にとって、選手生命を左右しかねない一夜だったのかもしれない。

ズラタンの「ワシントン化」がじょじょに進行しているのはいい材料ではあるにせよ、負けちゃったからなぁ。

▼色々と変化をしていかないと
ホントにヤバい。Jリーグでの敗戦以上に、きょうの負けをどう受け止めたらいいか、私も困ってるが、レッズ・サポの方でも困ってる人は多いだろう。

強力外人選手をたっぷり抱え込んだ「金満チーム」に負けたわけじゃないのだよ。こっちもズラタン以外はすべて日本人選手なら、向こうだって途中出場のカイオを除けば、ほぼ韓国選手だけでメンバー揃えてる。そんな相手にこれだけの実力差を見せられて、レッズのACL成績が1分け4敗とはな。これでJリーグでは優勝争いのトップっていわれてもねぇ・・・。

レッズだけの問題じゃないな。

このままいったら、アジアの他の国のチームにどんどん勝てなくなる。きょうの、ボールに対する執着心の違いとか見せられたら、もうすでに韓国あたりには歯が立たない感じだし、これからタイあたりにもベストメンバー並べても勝てなくなる時代が来る。

Jリーグも2ステージ制にして、ポストシーズン作ってとか、そういう「小細工」で盛り上げて人気回復させようとしてるけど、そんな場合じゃないでしょ。

たとえるなら、ゴミがたまって臭いがきつくなった部屋を、密閉したまま、扇風機回して、臭いを逃がそうとしても、ただ臭い空気が部屋の中を回っていくだけ。

そんな時は、窓開けて外気を入れるしかないでしょ。 

今のACLが、優勝賞金も安いし、移動にも金がかかるし、その割に世間の関心度が低いから力入れられない、とグチる前に、もっと日本のサッカー協会も力を尽くして、ACLのグレードを上げるようにしたらいいじゃないか。大会にたっぷり金払ってくれるスポンサー見つけたりとか。

それでヨーロッパのチャンピオンズリーグ並、とまではいかなくてもそれに近いくらいの名誉と金が得られる場にして、そこでJリーグチームが大活躍する。当然、その先にはクラブワールドカップ優勝も視野に入ってくる。

もうそうなっていかないと、Jリーグの人気そのものも年々しぼんで行きそうな気がする。

無理なのかね、経済も中国あたりにどんどん差をつけられていって、サッカーもそうなっていくのかね。 

試合そのものも、いつものJリーグのそれと比較して、ボールや選手の動きもスピーディーで、ゴール前の攻防も見ごたえがあった。

これなら、もっと頻繁に中国や韓国の上位チームと戦うシステムつくってもいいんじゃないの、と思うくらい。逆にいうなら、Jリーグの試合って、けっこうヌルいんだな。

とにかく、落胆とともに、いろいろなことを考えさせられた一戦であった。今年はダメだったが、ぜひ来年もACLには出て、汚名挽回といってほしいね。



山中伊知郎

昭和 29 年生まれ。 93 年のJリーグ開幕時から、シーズンチケットでレッズを見続けている。職業はライター。
  社 長をつとめる山中企画は単行本の出版を行っている。3月には、整体師・中山建三さんの著書『夫婦で学べる! 認知症、寝たきりを防ぐ奇跡の「腸」整体法』 をリリース。その後も、相次いで本を出す予定。5月には、原宿を中心に20店舗あまりのアパレルと雑貨の店を展開する起業家・青木ヨースケさんの起業本 『アメではない! 人生をナメるのだ!』という本を出す。
  19日には上野広小路亭でお笑 いライブ『ちょっと昭和なヤングたち53』も開催。MCはイワイガワ。ゲストはロケット団、コント青年団、ポンちゃん人形など。
  あと、月一回のペースで、起業を目指す人たち向けの「起業カフェ」も開いていて、その映像はYou tubeで見られる。  

  bfb320100.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2017
07/ 08/ 09/

2017
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/
2016
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/