浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2014 07/23  16:19

【徳島vs浦和プレビューまとめ】『レッズの選手たちには経験があるのでこの試合の重要性をみんなが分かっています。』など

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日行われるJリーグ第16節「徳島ヴォルティスvs浦和レッズ」の試合プレビュー情報をまとめてみました。

まずはJ'SGOALから。

【J1:第16節 徳島 vs 浦和】プレビュー:運動量が大きく勝負を左右するに違いない一戦。徳島は首位・浦和相手に中断期間の積み上げを前節同様発揮できるか!?(14.07.23)(J'SGOAL)

注目の中断明け初戦となった前節、徳島はその後半でかなり押し込まれる状況を強いられた。たびたび名古屋にゴール前へ迫られ、チームはほとんどの時間守勢に立たされたと言えよう。
ただ、そうした展開にはなってしまったものの、選手たちの動きは決して止まっていなかった。パス精度などの問題があって効果的な攻撃に転じることこそなかなか出来なかったが、全員の足は最後までしっかり回転。それによって局面局面の守備対応では強い粘りと激しさを継続し、実際そのことを物語るように繰り返し押し込まれた後半も決定的場面は僅かしか許さなかったのである。
その前節の内容を見れば、徳島は中断期間に行った鍛え直しの成果を十分に出してシーズン後半へ入れたと評価していいだろう。事実、小林伸二監督も「90分、特に後半は厳しかったと思いますが、ハードワークしてくれたと思います」とコメント。再準備期間に最も注力した運動量部分への手応えを言葉にしていた。

そしてそれだけに、迎える今節には期待が膨らむところだ。


続いて、オフィシャルから2本です!

ミシャ監督「難しいゲームだが、良い内容と結果を求める」(浦和レッズ)
「こういったシチュエーションのゲームは非常に難しいものです。なぜなら、誰もが明日のゲームは浦和が勝利するだろうと予想をしているでしょう。そう思われているゲームほど、難しいものはありません。Jリーグは非常に力が拮抗しているリーグですから、どの対戦も厳しいものです。前節の徳島と名古屋のゲーム結果が示しているように、簡単に勝てる相手はどこにもいないのです。ですから、明日のゲームも非常に難しいものになると思っています。勝つだろうと予想されているのは我々ですが、とにかく全力を尽くして良い内容と良い結果のゲームを求めていきます」


那須大亮「目の前の試合に集中して気持ちを込めて戦う」(浦和レッズ)
2014-07-23_1620.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

徳島との対戦になりますが、レッズの選手たちには経験があるのでこの試合の重要性をみんなが分かっています。今の順位は関係なく戦うことが必要です。自分たちがやらなくてはいけない一番のことは、目の前の試合に集中して気持ちを込めて戦うことです。徳島にもクオリティーの高い選手がいますし、今の順位だからこそやらなくてはいけないという気持ちのはずです。自分が残留争いをしていたときはそういう気持ちでしたし、いつも以上の力も発揮してくると思いますから、気を引き締めて臨みたいと思います


試合は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで19時キックオフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2017
07/ 08/ 09/

2017
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/
2016
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/