浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2014 07/19  12:29

【浦和vs新潟プレビューまとめ】『まずは運動量にこだわってプレーしたいと思います(森脇)』など

  • 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日行われるJリーグ第15節「浦和レッズvsアルビレックス新潟」の試合プレビュー情報をまとめてみました。

まずはJ'SGOALから。

【J1:第15節 浦和 vs 新潟】プレビュー:抜群の相性はあくまで数字上だけ。浦和と新潟の激突は接戦になること必至(14.07.19)(J'SGOAL)

新潟には2006年7月を最後に15試合負けていない。さらにはホームではこれまで8勝2分けと過去に一度も負けたことがない。過去の戦績だけ見れば圧倒的に優位な一戦になるが、そんな風に感じている選手は一人もいない。槙野が「結果がついていても内容がよくないのが新潟戦」と話すように、新潟との最近の試合では常に苦戦を強いられている。昨シーズンは1-0、2-0と2連勝を収めたが、いずれの試合も新潟のパフォーマンスが浦和のそれを凌駕していたと言っても過言ではない。今年もヤマザキナビスコカップで新潟とぶつかった時には1-0で白星を飾ったものの、やはり手を焼かされた。新潟との一戦はいつでも一筋縄ではいかない。そのため、今週17日の練習前にはミーティングを1時間みっちり行い、「今までは少し自分たちの嫌なところを突かれていたので、特に守備に重きをおいて、スライドだったり、誰が誰に付くとか、細かいポイントをビデオを見ながら確認した」(槙野)。その成果が試合で発揮されるかどうか注目して見ていきたい。
対する新潟は浦和と勝点7差の8位で中断期間を迎えた。黒星はリーグ最少の2試合のみだが、引き分けの数がリーグ最多の7試合。すでに昨シーズンの数(4試合)を上回っており、勝ち切れない試合が多い。接戦をものにできない原因はやはり決定力不足にある。総得点14はリーグワースト4位の成績。昨シーズン、川崎Fの大久保嘉人と最後まで得点王争いを演じた川又堅碁が、今年は14試合で3得点と苦しんでいるのがそのままチームにも大きな影を落としている。



続いて、オフィシャルから2本です!

ミシャ監督「再開初戦、自分たちのやるべきことをやるだけである」(浦和レッズ)

私はよくこのコメントをしますが、J1リーグは非常に各チームの力が拮抗したリーグです。特に13、14チームぐらいはそれほど力の差が無く、どちらに勝利が転ぶか分からない試合が繰り広げられている厳しいリーグです。ですから、明日のゲームも非常に厳しいゲームになるでしょう



森脇良太「運動量にこだわり、球際で戦い、規律を持ってプレーしていく」(浦和レッズ)
2014-07-19_1228.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

新潟は非常に球際でハードワークし、運動量豊富な規律のあるチームです。まずは走り負けてはいけません。そうなってしまえば、後手を踏んでゲームを難しくしてしまいます。アウェイのナビスコカップのゲームで僕たちは勝利しましたが、非常に厳しい戦いだったのは確かです。僕らのホームゲームで相手の方が多く走っているようでは問題ですから、まずは運動量にこだわってプレーしたいと思います。それができれば、人もボールも動いて見ているサポーターをワクワクさせるプレーができると思います。
レッズと対戦するチームは、たくさんのサポーターが来る埼スタで勝ってやろうという、どのチームとの対戦よりも強い意気込みでやってきます。そうした相手に対して、付け入るスキを与えないようにしたいです。試合開始のホイッスルから全力で相手に自分たちのプレーを見せつけなければいけないと思っています。運動量多く、球際で戦い、規律を持ってプレーしていきます。



試合は埼玉スタジアムで18時キックオフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2017
07/ 08/ 09/

2017
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/
2016
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/