浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2014 07/12  12:26

【浦和vs浦安SCプレビューまとめ】『チュン君(李)はトップもシャドーもどちらもできるタイプで、(興梠)慎三は完全にFWという感じがします』など

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日行われる天皇杯「浦和レッズvs浦安SC」の試合プレビュー情報をまとめてみました。

まずはJ'SGOALから。

【第94回天皇杯 2回戦 浦和 vs 浦安】プレビュー:原口移籍の浦和、約1カ月ぶりの公式戦で新たな攻めの形を見せることはできるか(14.07.12)(J'SGOAL)

注目の前線の組み合わせについてペトロヴィッチ監督は浦和の公式HPで「1つの組み合わせであるとは限りません」「チームとして、どのバリエーションであっても機能するようにしていくのが大切です」と、メンバーを固定せずに、豊富な駒を活かして柔軟に対応していく意向を明かしている。中断前のリーグ戦全14試合に出場しているFW興梠慎三とFW李忠成を引き続き軸に据え、MF柏木陽介やFW矢島慎也らを状況やコンディションに応じて組み合わせていくことになるだろう。
浦和は6日には国士館大学と30分×4本形式のトレーニングマッチを行い、6-5で勝利。DF槙野智章が2得点を挙げたほか、柏木、李、MF宇賀神友弥、MF山田直輝がゴールを挙げており、どこからでも点を奪える選手層の厚さを窺わせた。
対する浦安は1回戦で格上のグルージャ盛岡(J3)を1-0で破った。この試合では鳥栖などでプレー経験のある元Jリーガー、清水康也が前半11分に決勝点を挙げた際に、相手GKと交錯して左大腿部を負傷。流血し救急車で病院へと搬送されるというアクシデントにも見舞われたが、虎の子の1点を守り切って勝利。浦和との2回戦でもチーム一丸となって、アップセットを狙う。



続いて、オフィシャルから2本です!

ミシャ監督「一発勝負のカップ戦、強い気持ちを持って相手を倒しにいく」(浦和レッズ)

(この中断期間に特に狙いとしたことは?)
「私が来てから2年半、チームの狙いとして取り組んでいることの方向性は常に同じです。やはり、サッカーに必要な要素をしっかり高めていくことです。我々は特殊なサッカーをしています。そこに必要な判断力やオフザボールの動き、局面においてコンマ何秒かのところで判断を変えるということは、日々我々が取り組んでいることですし、私が浦和に来てから常に選手たちに求めていることです」



柏木陽介「攻守の切り替えを早く、やるべきことをしっかりやる」(浦和レッズ)
2014-07-12_1425.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

前線の組み合わせは監督が判断することですが、チュン君(李)はトップもシャドーもどちらもできるタイプで、(興梠)慎三は完全にFWという感じがします。試合の流れの中でポジションチェンジをするのは問題ないと思いますし、2人が2トップのような形になって自分がトップ下のような形で後ろからサポートする時間帯があっても良いと思います。距離感は良くなると思いますし、コンビネーションが多くなるようにしていきたいです。そういったことも試合の中でやっていきたいですね。



試合は浦和駒場スタジアムで18時キックオフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2017
07/ 08/ 09/

2017
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/
2016
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/