浦和レッズについて議論するページ

▼全体にバラバラ感が出てしまうバランスの悪さが見られた試合
浦和レッズは14日のルヴァン杯グループステージ第2節で、ガンバ大阪に1-4で敗れた。7日の名古屋グランパス戦はスタメン総入れ替えをした相手に勝利したが、今季の勝利はその1試合のみ。特に、リーグ第2節のサンフレッチェ広島戦に続いてホームで2連敗となった。

確かに、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と比べてしまえば、ルヴァン杯の注目度が高くないのは事実だ。だが、そのACLの出場権を得られない成績で終わったのは、自分たち自身だ。ホームゲームで、ハーフタイムの時点で見切りをつけて帰宅するサポーターを出すような試合をすることは、どんな大会でも許容範囲の外側だろう。

試合開始から浮足立ったような所作が目についた浦和は、そこをガンバにつけこまれてしまった。先制点は前半10分だったが、それまでにも危険なシーンは少なからずあった。柏木陽介は「ガンバは試合に勝てていない、うちもあまり勝てていないという状況の中で、どちらかというと自分たちの方がビビったプレーをしてしまった。失点したらいけない、取られたらいけないという気持ちが強かった」と話した。

本来、一発殴られてから目が覚めるというのは、拙い試合運びの象徴だ。それでも、その状態を動かそうとしたのもまた柏木だった。特に、長澤和輝とコンビを組んだインサイドハーフのうち、一人がビルドアップを助けて、一人がFWの近くまで入り込むという縦関係は、これまでの4試合と比較すれば格段に攻撃の効果性を高めた。その一方で、1失点目がそれにあたるものだったが、守備時に前後のバランス感覚が悪いことは常に不必要なリスクをチーム内に抱えることになった。

「ポゼッションも上手くいかなかったし、簡単に収めればいいところをワンタッチで取られるとか。普段ならゴーを掛けられる(プレスのスイッチを入れる)時に、後ろがついてこられなかったり、逆にゴーを掛けきれなかったり。非常にバランスの悪い試合をしてしまった。

いけないなら後ろも声を掛けて、前も今はいったらダメかというコミュニケーションを取りながら、ブロックを作るところ、ここからゴーを掛けられるというメリハリをしっかりしないといけない」

そして柏木は「自分が何とかしないと、という気持ちもあったけど、自分だけでサッカーをするのは難しいと感じたし・・・。一人で何かをするのはすごく難しいけど、みんなが一つになってまとまってやれれば一つ上にいけると信じている。チームとして悪かったけど、それを真摯に受け止めて、一つの勝利が自分たちを前に進ませてくれる」と、ピッチ上で苦悩を抱えながら、もがき続ける形になってしまった試合を振り返った。

 

▼キャプテンとしての立場で苦悩する試練の時
柏木は、阿部勇樹の後を受ける形で今季から主将を務めている。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督がやってきた2012年から阿部が6年間にわたってキャプテンだったが、彼は9月の誕生日で37歳になるシーズンだ。今季はスタートから堀孝史監督が率いる転換点でもあるし、柏木もまた昨年12月に30歳になったばかり。チームの先頭に立つ重責を受け渡すには、タイミングとしては適切だっただろう。

その一方で、キャンプから全力で取り組んできた反動も出たのか、開幕戦を終えると少し離脱することになった。そして10日のV・ファーレン長崎戦で復帰して、今日が2試合目。結果が出ていないこの2試合の彼を見ると、本人が「気負い過ぎてやっている部分も少しあると思う」と自覚しているその言葉の通りに、何とかしよう、何とかしようという気持ちが空回りしている部分が見えるのも事実だ。

試合後に取材に対応する際の姿勢を見ていても、責任感を強く持ってプレーしていることは痛いほど伝わってくる。過去には、「そういう言い方はどうなんだろう」と感じられるようなことを話してしまうこともあった選手だが、この試合を終えた後の柏木は「良くない時は誰かの問題、フォーメーションの問題となりがちなのは、自分もよく分かっている。そういうことを言わせない、言わないようにすることがチームが上がっていく一つのきっかけになると思う。キャプテンに向いているかと言われれば、向いていないとも思う。その中で、自分らしく何ができるのか。自分がサッカーを楽しむことも一つかもしれない。自分の良いプレーがチームの勝利につながるようにやっていきたい」と話し、状況を正面から受け止めようとしている。

「これを乗り越えたらサッカー選手としても人としても、一つ強くなれると思う。一つの勝利をきっかけに上がっていけるようにしたい。サポーターの皆さんもすごく苦しい思いをしていると思うし、選手も何でうまくいかないのかという気持ちもある。とにかく、良いサッカーよりも一つの勝利を目指す中で、お互いに結果に結びつけられるようにしたいから、少し時間がいるかもしれないけど、支えて欲しいです」

実際のところ、チーム状況は決して良いとは言えない。そして、本人が自覚するようにボールを預けてもらえば一人で何でもできるタイプの選手でもない。だからこそ、周囲にどのような影響力を発揮していけるのか、まとめる力を発揮できるのかが問われる。もがき苦しむキャプテンは、サッカー人生の中で乗り越えるべき試練の時を迎えている。


※関連リンク

ガンバが作る配置の優位性に対応できず サイドの設計図は見直す必要も【轡田哲朗ゲームレビュー/ルヴァンカップ第2節ガンバ大阪戦】(浦レポ)

 


轡田哲朗

1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:1.66.96.7 )

    ウガが選ばれた理由がわからん

    このコメントに返信

    2018年03月15日 15:52

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:27.143.73.181 )

    槙野が要らん事をマスコミベラベラ喋っているのをキャプテンとして注意してくれ。
    このまま野放にしていると槙野に対して不信感を持つ選手が出てくるぞ。
    キャプテン柏木が音頭を取り選手たちが試合で出来る事や堀のサッカーについて話し合った方が良い。

    このコメントに返信

    2018年03月15日 15:54

  3. 5 匿名の浦和サポ(IP:153.237.79.35 )

    とりあえず関西弁でTwitter書くな

    このコメントに返信

    2018年03月15日 18:18

  4. 7 匿名の浦和サポ(IP:49.98.137.167 )

    堀監督男なら辞退してくれ…それと槙野じゃCBでラインコントロール無理だよ宇賀と左サイドポジション争いしてくれ

    このコメントに返信

    2018年03月15日 21:39

  5. 8 匿名の浦和サポ(IP:126.224.176.105 )

    W杯イヤーだし個人での能力を見せたい選手もいるのかな?

    フォアザチームで望まないと、どんな相手にも勝てないよ。
    柏木はチームとして考えてるんだろうけど、そうでない選手もいるんだろうね。

    このコメントに返信

    2018年03月15日 21:49

  6. 9 匿名の浦和サポ(IP:60.35.125.229 )

    監督がやろうとしていることと、選手がやりたいと思っていることにずれが出ているのでは?

    このコメントに返信

    2018年03月15日 22:32

  7. 10 匿名の浦和サポ(IP:210.138.178.217 )

    メンタル弱いのに、何でキャプテン引き受けてるだよ!
    柏木なんか副キャプテンすらないわ…

    このコメントに返信

    2018年03月15日 23:20

  8. 11 匿名の浦和サポ(IP:14.13.2.0 )

    浦和のキャプテン柏木陽介のコメントより、16歳久保健英のコメントのほうがプロ意識が高いと話題に・・

    このコメントに返信

    2018年03月16日 00:25

    • 11.1 匿名の浦和サポ(IP:110.133.182.10 )

      プロは勝たないといけない

      2018年03月16日 09:07

  9. 12 匿名の浦和サポ(IP:119.242.63.161 )

    何かあると人のせいにし続けた人が良く言うわ
    あんた阿部ちゃんが孤独に1人で支え続けてた6年間何してた?
    むいてないとかもう言い出すなら最初から引き受けるな
    さんざんやりたいやりたい言ってきたくせに

    このコメントに返信

    2018年03月16日 11:09

  10. 13 匿名の浦和サポ(IP:210.138.176.239 )

    競馬を分かる人向けに云うと、福永と同じ(笑)

    このコメントに返信

    2018年03月16日 12:57

  11. 14 匿名の浦和サポ(IP:211.14.61.160 )

    この子はサッカーとかcpとか言う以前に人として駄目だね。

    このコメントに返信

    2018年03月16日 17:28

  12. 15 匿名の浦和サポ(IP:60.76.218.52 )

    なんか自分の文章に酔ってない?邪魔な形容詞が多くて読みづらい。キャプテンだからなんなんだよ。そんなつまんないこと考えているからうまくいかないんじゃないのか?キャプテンだろうとそうじゃなかろうと、やるべきことは同じだろうが。なんかずれまくってる。

    このコメントに返信

    2018年03月17日 01:23

  13. 16 匿名の浦和サポ(IP:126.218.73.131 )

    気負い過ぎず、普段通りのプレーをするだけで柏木のプレークオリティがあれば、周りは付いて来るから大丈夫。
    今のチーム、直輝が居ない中で攻撃で違いを生み出せるのは柏木しか居ないわけだし。

    このコメントに返信

    2018年03月17日 10:00

  14. 17 匿名の浦和サポ(IP:219.105.5.216 )

    この子がなんで1億なの?1番にも言えることだけど。浦和だからでしょ。他行けば半値以下だよ。

    このコメントに返信

    2018年03月17日 16:42

  15. 18 匿名の浦和サポ(IP:106.139.7.65 )

    キャプテンは気持ちの強い者がなるべきです。強く成ってほしいという願いで、キャプテンに任命された事を理解すべきです。

    このコメントに返信

    2018年03月17日 18:35

  16. 19 去年の浦和にもどれない(IP:180.56.91.194 )

    なんで柏木がキャプテンになった?
    コーナーキックなんていつも蹴ってたけどちっともうまくなかった。
    フリーキックだって、コーナーキックだって
    阿部が蹴ってた時のほうがよっぽど、うまかった。
    阿部は能力がずっとあるけどいつも目立ちたがりの柏木や槙野に
    譲ってきたから、チーム全体がうまく機能したんだよ。

    このコメントに返信

    2018年03月18日 19:38

浦議ニュース