浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


肉離れで戦線離脱中でも「浦和のために」と盛り上げる森脇良太 気になる状態は?(浦レポ)


(Report by 河合貴子)

持ち前の明るさを活かして

沖縄キャンプから右足のハムストリングの肉離れで、別メニューの調整をしていた森脇良太選手。未だにチーム合流できない状態が続いている。

だが、チーム内では弄られキャラで、ムードメーカーの森脇選手の存在は大きい。開幕戦となったFC東京戦では課題が浮き彫りとなり、ホーム開幕の広島戦を前に神経質になりがちなところだが、別メニューながらも宇賀神友弥選手と菊池大介選手とリフティングゲームに参加して、笑顔を振りまいて明るいムード作りをしていた。

ボロ負けしたのは、もちろん森脇選手だ。菊池選手は「良い闘いだった」と満面の笑みを浮かべてロッカールームへ気分良く戻ってきたのだ。

森脇選手は「面白いでしょう?!悔しいね。また、リベンジしてもらう。まだ、動けないけどね」と笑顔。リベンジをするのは、森脇選手のはずなのに・・・。この天然さが、森脇選手の魅力の1つでもある。

続き(全文)はコチラ


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「ホーム開幕戦に挑む男たち」レッズ、大原練習場 写真ギャラリー<16枚>

2つのポジションをこなすズラタンだからこそ慎三の孤立にも焦りなし

グランデxECムンディアルコラボ「ゲバラ」新作アイテム登場
コメント
投稿する
コメント

浦議ニュース