浦和レッズについて議論するページ

2/24に行われるJ1リーグ第1節『FC東京vs浦和レッズ』情報まとめになります。
以下、まとめです。

堀監督 FC東京戦前日会見(浦和レッズ)

「明日の試合は開幕戦ということで難しい試合になると思います。今まで準備してきたことを立ち上がりからしっかり出して、集中して入って行けるようにしたいです。その状態をなるべく90分続けて、いいゲームをして、しっかり勝ち点を取りたいと思います。今後の戦いに向けていいスタートを切っていきたいです」

【質疑応答】
(ここ数年と違ってリーグ戦が今年初めての公式戦になるが、緊張感のようなものも違ってくるか?)
「選手たちはふだんと変わらず元気にやってくれていると思います。リーグ開幕ということで多少の緊張はあるかもしれませんが、そこはあまり心配していないです」

(監督としてリーグ開幕を迎えるのは初めてになるが、開幕戦に特別な思いはあるか?)
「今後戦っていく上で開幕戦は大事な試合になります。準備をしてきたことをしっかり出して、いい戦いをしたいと強く思っています」

(FC東京の印象と強みについて)
「監督さんが替わられて、選手も数人獲得しています。開幕前なのでそれほど情報はありませんが、長谷川さんが監督ということなので、守備の部分をしっかりやられてくるのではないかと思っています。そこを自分たちでどのように攻撃していくかがポイントになると思いますし、自分たちも守備をしっかりやって、攻守両面で準備してきたことを出すことができれば、いいゲームができると思います」

浦和、開幕戦前に非公開練習 12年ぶりリーグ制覇へ、24日FC東京戦 堀監督「準備したことを試合に」(埼玉新聞)

 26年目のシーズンが幕を開けた明治安田J1は24日に各地で4試合が行われ、12年ぶりのリーグ制覇を目指す昨季7位の浦和はアウェーで同13位のFC東京と顔を合わせる(14時・味スタ)。

 開幕戦を翌日に控えたチームは23日、さいたま市内で非公開練習を行って最終調整。全体練習後もシュート練習やダッシュで体を動かす選手たちの姿が見られた。

 練習後に記者会見した堀監督は「開幕戦ということで難しい試合になると思うが、今まで準備したことをしっかり試合に出せれば。集中した状態を90分続け、勝ち点を取っていいスタートが切りたい」と力を込めた。

 FC東京には昨季2戦2勝で公式戦8連勝中。J1通算対戦成績でも19勝6分け7敗と大きく勝ち越していて、2005年以降は18勝5分け1敗と相性のよさが際立つ。

 昨年までG大阪を率いた長谷川監督を新指揮官に迎えて攻撃の改善に取り組む相手に対し、槙野は「先に失点しないことが大事。うちが先制点を奪うゲームプランを遂行したい」と慎重な試合運びをポイントに挙げた。

“東京キラー”興梠が決める!浦和VsFC東京24日14時キックオフ(サンスポ)

 浦和は24日にFC東京と初戦。元日本代表FW興梠は、浦和移籍後のFC東京戦は12試合9得点の”東京キラー”。23日、「相手は守備が良くなっている印象だが、それをこじあける力がうちにはある」と自信を見せる。

24日に浦和と開幕戦 健太監督「やりたいことはやれた」仕上がりに(スポニチアネックス)

 FC東京は24日、ホームで浦和との開幕戦に臨む。G大阪で国内3冠を達成した名将・長谷川健太監督(52)を迎えた新体制での初陣。非公開での前日練習を終えた指揮官は「やりたいことはやれた。あとは気持ちの準備をしたい。ジタバタしてもしょうがない」と率直な思いを口にした。

 横浜に1―0で勝利した17日のプレシーズンマッチで開幕へ向けて最終テスト。指揮官はスタメン構想について「突拍子のないことはしない」と明言し、始動から積み上げてきた戦力、戦術でアジア王者にぶつかる構えを見せた。

13年間勝利なし…FC東京”健太流”調整でジンクス打破へ(スポニチアネックス)

 FC東京は”健太流”調整で白星発進を狙う。これまで非公開練習は試合前日だけだったが、長谷川監督を迎えた今季から1日前倒して2日前から敢行。さらにホームゲームでも9年ぶりに前泊を復活させ、集中と結束を高める工夫を凝らした。

 浦和には13年間も味スタで勝っておらず本拠地を荒らされ放題。初陣でいきなり難敵と相まみえる指揮官は「自分たちの力で悪い流れを変えられれば」とジンクス打破を誓った。

試合は味の素スタジアムで14:03キックオフ!

【守備のツボ】をおさえれば、どんなチームも絶対に強くなる!
コメント
投稿する
コメント