浦和レッズについて議論するページ

J1リーグ第33節『浦和レッズvs川崎フロンターレ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

監督コメント(Jリーグ)

[ 堀 孝史監督 ]
立ち上がりにちょっとミスが多い時間帯、落ち着かない時間帯があった中、そこから自分たちでゲームを作りながらコントロールできたんじゃないかと。本当はもう少し前からボールを奪えたらという部分もあったが、なかなかうまくいかない中でしっかり守備をして、守備でそんなに破綻をきたしたということはなかったと思うし、奪ったボールもしっかり動かしながら攻撃に持っていけたと思う。結果は残念だが、ポジティブなものも多く見られた試合だと思っている。




堀監督 川崎戦試合後会見(浦和レッズ)

2017-11-30_0852.png
※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(失点については要らない失点で、簡単に処理しておけばよかったと思うが?)
「確か、ミスから始まって、また自分たちのボールにできるところをイージーな形でかっさらわれた流れだったと思います。そういう甘さが結果に響いてくると感じています。簡単に処理するところ、しっかり自分たちのものにするところの判断をしっかりしなければいけないと思います」

(ACLの決勝と比べるとプレーや意識の部分などのいろいろな部分で、落差があったのではないか?)
「試合が違いますので、あのときのテンションの高さがあったかどうかは分からないです。選手がコンディションの面で変わっている部分もあって、多少そういうことはあったのかもしれませんが、僕自身は、前回の試合に出た選手、今日新しく入った選手は、今の状況で精一杯やってくれたと感じています」

(先程、アジアサッカー連盟からアジアで年間最優秀監督に選ばれたことが発表されたが、感想は?)
「聞いてなかったのですが、当然、自分ひとりの力ではないですし、選手の力と、チームが今まで積み重ねてきたもののお蔭でいただけたのではないかと感じています」

(遠藤を中盤で使った意図と評価は?)
「この前の試合を戦ったあとに、何人かの選手にコンディションの問題があった中で、遠藤は今日プレーできるということで、今までも今日のポジションで試そうと思っていました。試す機会がなかった中で、彼を今日のポジションで起用しました。今日の出来に関しては、非常に良かったと思います。彼ひとりの問題でもなく、DFとの関係、中盤との関係も非常にうまくできていたと思っています」



Embed from Getty Images

監督コメント(Jリーグ)

[ 鬼木 達監督 ]
まず、川崎から多くのサポーターが来てくれた中で、勝利という形で結果を残せたこと、これが一番良かったことだと思います。

ゲームのほうはわれわれのサッカーというものには程遠いものになりましたけど、それでも本当に選手が集中力を切らさず、最後まで戦ってくれた。自分たちらしさというと、攻撃においても守備においてもなかなか難しかったですけど、今季は本当に我慢強く戦おうという中で、この一番大事な一戦でゼロに抑えられたというのは選手の成長だと思っています。

--「らしいサッカーができなかった」とおっしゃっていましたが、その最大の原因はどう感じていますか。
やはり一つは目に見えないプレッシャーがあったのかなというのと、もう一つは前半に相手がかなり前から体ごとプレスをするような形で来ていたので、そこに手を焼いたところがありました。それによって前後半をとおしてというか、後半も難しいところに入って行ってほしかったですけど、どうしてもスペースで受ける、止まって受ける形ばかりになってしまい、人を剥がしにいくところ、難しいところにボールを入れられなかった。それが一番、こういうゲームになってしまった要因かなと思います。
コメント
投稿する

1. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:27.82.153.62)

何がアジア最優秀監督だよ・・・ リーグ戦ではボロボロなのにね。 まだ井原の方が見込みがありそうだよ

November 30, 2017 10:14 AM

2. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:183.74.206.180)

もともとボロボロだったチームを建て直すことがどんだけ大変か知らないんだね。 鹿島の大岩は上手くいったけど本来あんな簡単には出来ないから。

November 30, 2017 10:23 AM

3. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:126.247.2.198)

遠藤良かったんかあれで。もう右サイドバックで固定して欲しいんだが。ボランチやりたいみたいだけど向いてなさそう。

November 30, 2017 11:11 AM

4. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:223.223.210.50)

付け加えるなら鹿島は選手が、自信を無くすくらいボロボロになる前に対応した。 まあ他のクラブと比べるのことはあまり意味のないことですが。

November 30, 2017 11:11 AM

5. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:119.106.92.180)

しかも関根の移籍は痛い。

November 30, 2017 12:06 PM

6. 何っていったって浦和(IP:119.240.86.155)

まー昨夜の試合、控え組み・・ガンガンいってたようだ。後は先発組みを脅かすにわちーと不安かな。もっと貪欲に。

November 30, 2017 12:18 PM

7. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:106.156.160.78)

ゼロに抑えられた、メンバーちゃんと見ろよ!あれじゃどこでも負けたな。

November 30, 2017 2:11 PM

8. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:60.46.237.119)

井原とかwホント節穴が多いわウチのサポーターは。長崎なんぞに自動昇格許すヘボ監督なんぞ論外だわ。

November 30, 2017 2:52 PM

9. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:126.237.140.48)

堀さんは交代時間が遅すぎる。 イライラする。 来年はメンバーでどうなるのかわからないけど、 ACL優勝して続投したオジェックのように2試合で解任にならないことを祈る。 そのあとのゲルト、そして崩壊チーム

November 30, 2017 5:19 PM

10. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:126.199.12.177)

言いたくないけど、堀さんはミシャの元で何を学んでいたのだろう?ミシャが駄目だった部分はマネジメント。割切りができず、プレッシャーがかかる局面でチームをコントロールできなかった。ただ、理論は間違っていなかったと思う。でも、その理論が全く受け継がれていない。幅を使うパス回しとか、中央に入れてサイドに展開とか、斜めのロングパスとか、スペースを作る動き、そこに走る動き‥ 全て消えてしまった。はっきり言って、リーグ戦は考え方を変えないと勝てないよ。攻撃だけ見ると、ゼリコ時代と何ら変わらないから。個人技でゴリ押せる選手が居ないと機能しないよ。

November 30, 2017 9:56 PM

11. こーたろー(IP:1.72.4.51)

試合には負けたけど、試合自体は押していたと思う。後半川崎の選手が足が止まったでしょう。あれ、何だと思います? 前のACLのアウェイの試合から考えれば、チンチンにされてもおかしくなかったはず。 原因は前半からの浦和のプレスで体力が奪われたんですよ! 日本代表がベルギーにやられたように。

November 30, 2017 10:51 PM

12. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:60.61.218.235)

リーグ戦は8月19日だがの23節以降ホームで勝ってない。ACL取ったからクローズアップされないけど、しっかり見つめ直した方がいいし、来季が不安でしかない。結局は固定メンバーでしか勝てないということなのか?

December 1, 2017 12:47 AM

13. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:219.207.128.18)

ミシャが来年の札幌監督に就任するらしいぞ。

December 1, 2017 1:57 AM

14. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:211.14.61.234)

堀の続投は鹿島じゃありえない暴挙。交代時(19節終了時)の3位との勝ち点差は6だった。今はどうだ14に拡大し来季ACL出場権を逸している。堀は淵田・山道の保身に利用されてるだけの都合のいい盾にすぎないね。こうして誰も責任を取らない嘘とごまかしの無責任体質は自工そのもの。山道はクラブハウス増築に乗じて「なんでもアジアNO.1」などと発言の軌道修正を始めたようだがもはや手遅れ。来季ACL出場権を逸した責任はきっちりとってもらう。淵田・山道はリーグ最終節をもって辞任すべし。

December 1, 2017 7:06 AM

15. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:126.212.133.212)

堀のサッカーに期待を持てる人が凄い。ポゼッションのサッカーから、カウンターサッカーに変更ですか。ブレないで浦和のサッカーするんじゃないの?山道さんよ

December 1, 2017 3:55 PM

16. 名無しの浦和レッズサポーター(IP:219.105.5.208)

ポゼッションサッカーとかカウンターサッカーとか言ってる者が上にいるが、甚だナンセンス。そういう2者択一思考はもはや通じないよ。同一チームが対戦相手と具体的な試合毎に多様な戦術をベースに臨み、試合中にもシステム変更して最終ラインのポジション取りを修正するのだからね。対応できる個の能力と組織的対応力が求められてるにもかかわらず。昨今デュエルという語が多用されているが、アルヒラル第1戦のポゼッション率は25%弱でしょ。それでもデュエルでは浦和の方が勝っていたんだよ。結果引き分けに持ち込めた。いいかげん藤口の嗚呼勘違いから始まったおかしな思考は排除しないと浦和は再生できないよ。

December 1, 2017 8:01 PM

浦議ニュース
もっと見る