浦和レッズについて議論するページ

J1リーグ第19節『浦和レッズvs川崎フロンターレ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

監督コメント(Jリーグ)

[ オズワルド オリヴェイラ監督 ]
われわれのキャリアを豊かなモノにしてくれる試合でした。仕事に対して誇りを感じられます。このチームに対して、誇りを感じられます。選手たちの聞く耳と、規律を守る姿は最高レベルにあると思います。われわれの哲学、われわれの仕事の仕方を、最初から最後まで貫いてくれました。広島との試合から、中3日で長い移動もあって、この試合に挑みました。ずっと暑い日が続いています。すごく暑い中で広島と戦ったあとで、選手たちに話したのはリカバリー、回復のことばかりでした。そして本日待ち受けていたのは、質の高い、日本でもベストプレーヤーを抱えるチームでした。そして相手は中9日、プレーヤーとしても人間としてもリスペクトできる中村 憲剛がいた。そのチームに勝てたことに誇りを感じる。本日、われわれの唯一のアドバンテージは、力強い声援を送ってくれたサポーターの存在でした。

 

オズワルド オリヴェイラ監督 川崎戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(1点を取った後、自陣で低いラインでブロックをつくって守っていたが、あれは監督の意図だったのか?)
「意図したわけではありません。もちろん、相手チームがボールをコントロールしてつないできている中では、しっかりブロックを組んで守らないといけないということは基本にありますが、開始7分に点を取って、前節の疲れも少し残っている中で、川崎というボールをつなげるチームが相手ということで、ブロックを組まざるを得ないという流れになってしまいました。

ですが、相手がバックパスを出したときにはしっかりラインを上げることが必要でしたし、それを行わないと、名古屋戦のように試合を支配されて、失点することも考えられましたから、私は選手たちに、できるだけラインを上げるようにと指示を出しながら修正しようとしていました。それは、ディフェンスラインの前のスペースを消すためです」

(2試合続けて、途中から30歳を越えるベテランの選手が入っていい仕事をしているが、彼らがチームに与えている影響については?)
「彼らの経験が、非常に重要です。以前私が日本にいたとき、李が柏にいたときの対戦を覚えていますし、森脇は広島でプレーしていました。阿部とは100回ほど対戦したのではないかと思いますけど、彼らにはゲームのビジョンがある、視野が広いということが言えると思います。ですので彼らを信頼し、若い選手ががんばっている中で、緊急事態が起こったらしっかり役割を果たしてくれる、私の選択肢になっています」

(全体的な傾向として、川崎はボールを動かしていたが、それでも完全な形で裏を取られたシーンはほとんどなかった。裏を取られるというシーンはワールドカップを見ていてもほとんどなかった気がするが、裏を取る難しさの傾向について、どう考えているか?)
「まず、そういうプレーを出させないようにする、というのが、ひとつの私たちの戦い方でした。たとえば家長のドリブル、中村憲剛のプレー、そこが危険なプレーになるので、選手たちへの指示の中でも、彼らには考える時間を与えない、バックパス、横パスを出させろということを言っていました。なぜなら、たとえば家長がターンしてドリブルをすると非常に危険ですし、中村憲剛のヘッドアップしたときのパスも、危険なものです。そういったプレーにフィルターをかけるという守り方をしました。つまり、鋭いプレーをさせないという守り方です」

(裏を突くのはワンタッチパスをつなぐようなコンビネーションしかないのではないかと思うが?)
「その通りです。それがないと、非常にコンパクトに守るチームが多いので、スペースを突くことはできないと思います」

(選手の聞く耳と規律を守る姿、と言っており、なおかつ引いて守るのは意図ではなかった、とも言っていたが、レッズにとって今日のゲームは非常に戦術的なゲームだったと思う。今までのレッズはそういうチームではなかったと思うが、それが監督が就任されてから、手応えを感じている部分なのか?)
「選手たちは、非常に意欲的に指示を実行しようとしています。組織として、チームとして戦うというところを、彼らはやってくれています。その中で、個々のクオリティーも出ていると思います。

たとえば、今は柏木がいい驚きを与えてくれています。彼には読みやテクニックがありますけど、それだけではなく、試合の終盤で森脇の背後まで戻って守備のサポートをしていました。その守備を手伝うだけでなく、そこから形をつくって、それが最終的にPKにつながりました。それ以外の選手では、(興梠)慎三のことは昔からよく知っていますし、ファブリシオのことは今知り始めているという段階ですけど、非常に高い質を見せてくれていると思います。柏木の評価は、我々だけではなく、日本代表の方もすべきだと思います。

お疲れ様でした。私も選手と一緒に走りましたので、もうくたくたです(笑)。ありがとうございました」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 鬼木 達監督 ]
アウェイの中、多くのサポーターが駆けつけてくれたんですけど、その中で勝点が奪えなかったことが非常に残念に思っています。

ゲームのほうは、立ち上がり少し簡単に失点してしまったことが重くのしかかったと思います。プラス、特にこの時期、点を取るか、取られるかというところが大事になってくるところでいうと、しっかり守るところ、もう一つしっかり決め切るところ、そこの差が出たと思っています。本当に相手がタフに戦って、自分たちがそこで我慢強く耐えられなかったのが残念ですけど、次に向けてしっかり準備したいと思います。

--相手が引いて守る中、決定的なチャンスはあったと思います。それはすべて小林 悠選手だったと思いますが、どのように考えていますか?
やはりあの自分たちのエースですし、そこのところは信頼してずっと使っています。本当に難しいゲームを何度も決めてきた選手ですし、そういう意味で言うと今日はなかなか彼の日ではなかったのかもしれないです。ただ、本当にそこのところでしっかりとまた、次に向けてしっかりと気持ちを切り替えてほしいと思っています。

--後半になって相手のパスをカットしてというチャンスが増えたと思いますが、あの辺はハーフタイムに狙いを話したのでしょうか?
そうですね。まぁ狙いをというか、少し前半追い切れないところがあった。少し軽くかわされるシーンがあったので、コンパクトさというところと、相手の持たせるタイミングなどはしっかり計ろうという話はしました。

 

サッカー観戦だけでなく、会場のある地域の名所をご案内します!
コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:182.251.246.44 )

    ミシャのコメントよりサポを考えてくれてるのが伝わる。ありがとうオリベさん。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 07:52

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:126.35.73.26 )

      そもそも取り組み方が真反対。

      ミハイロはひたすらエゴの追求。考え方を変える節目はあったがひたすらエゴを貫き自滅した。
      織部は課題に向き合う姿勢が見える。3バックを取り入れる柔軟性もある。

      2018年08月02日 22:13

  2. 3 匿名の浦和サポ(IP:126.35.21.161 )

    オリベイラって、ベテラン切り捨てる監督だと思ってたら、そうでもないのね。能力きちんと評価してみんな納得の上で起用している感じがします。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 08:22

  3. 4 匿名の浦和サポ(IP:126.35.10.5 )

    監督のコメントどおり、本当にみんなよく戦ってくれた。
    俺たちにできることは、サポートのみ。
    埼スタ行こうぜ!

    このコメントに返信

    2018年08月02日 09:00

  4. 6 匿名の浦和サポ(IP:1.66.97.24 )

    次の長崎戦どのくらい入るやろ

    このコメントに返信

    2018年08月02日 11:02

  5. 7 匿名の浦和サポ(IP:211.1.73.166 )

    この監督のコメを見れば見るほど、好きになって行く。
    試合を見れば見るほど、好きになって行く。
    熊谷は、日本一暑い!
    レッズサポは、日本一熱い!
    ちょっと、暑苦しい埼玉県だけど、ビールが最高!
    埼玉産の枝豆のクオリティーも最高!

    このコメントに返信

    2018年08月02日 11:31

  6. 8 匿名の浦和サポ(IP:27.94.76.76 )

    浦和に来る前の海外のクラブでは失敗してたけど
    規律が守れないチームだったのかな。
    厳格な性格みたいだから日本人に合った監督なのかもしれない。

    中断期間もうまく使って少しづつ結果も出てきた。
    連勝して何とかACL圏内まで上げてほしい。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 12:11

  7. 9 匿名の浦和サポ(IP:49.239.70.125 )

    柏木もこんなコメントされたら燃えるよね。
    モチベーターにしてゲームを見極める目は確か。

    最先端の戦術を追うようなタイプではないから”おもしろさ”はないかもしれないけど、
    フィジカル・運動量をベースにした堅守速攻は、(サポーターが好きな?)浦和の気風じゃないかな。ぴったりな監督だと思う。
    昨日みたいな試合されたら、サポートし甲斐があるよね。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 12:48

  8. 10 匿名の浦和サポ(IP:182.250.248.203 )

    写真で気づきましたが、監督のメガネのフレームは赤でしょうか? そういった細やかさもグッとくる。魅力ある人だなぁ。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 14:03

  9. 11 匿名の浦和サポ(IP:114.175.37.15 )

    立て直しに時間はかかると思いますし、監督のやりたいサッカーの完成形はまだ先でしょう。
    ただ、どうなるにせよ盤石な守備陣、的確なパス、強力な得点力の融合が見たいです。

    今はまだ道半ば。
    どんなやり方をされても自分たちのやり方で横綱相撲できるサッカーならベスト。
    そうじゃなかったら、状況に応じて変幻自在に姿を変えられるミラクルなサッカーが良いな~。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 14:39

  10. 12 匿名の浦和サポ(IP:223.223.210.50 )

    やはりDFから決定的なパスが出来るというのは、今後のサッカーのトレンドになりそうですね。
    岩波からのパスはいい武器になりそうです。
    もちろんしっかり守備が出来てのことなのですが、そこはオリベイラに鍛えてもらいましょう。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 17:47

  11. 13 匿名の浦和サポ(IP:182.251.242.18 )

    どんどんオリベさんを好きになっていく。
    この魅力ある監督と素晴らしい選手達と
    一緒に多くのタイトルを取りたいね!

    このコメントに返信

    2018年08月02日 19:45

  12. 14 匿名の浦和サポ(IP:211.130.177.204 )

    監督が相手チームへのリスペクトを忘れないコメントをしてくれる、こういう普通のことだけで喜べる。

    このコメントに返信

    2018年08月02日 20:37

    • 14.1 匿名の浦和サポ(IP:182.251.246.38 )

      鹿島の時も、こちらに対して「いずれは上位に来るチーム」とリスペクトを感じるコメントしてたのを鮮明に覚えてます。
      相手ありきのサッカーだとか綺麗事言う指導者って沢山居ますけど、この人はコメント一つ一つにそれを感じて、尚且つそういうサッカーを展開してるから、なんというか、説得力がありますよね。

      2018年08月02日 21:02

  13. 15 匿名の浦和サポ(IP:60.64.153.105 )

    点決まったあとは守りに入り大丈夫かと思ったが結局2-0で勝つ辺りさすがだった

    けれどピンチも沢山あり課題もあった

    西川ありがとう

    このコメントに返信

    2018年08月04日 10:36

  14. 16 匿名の浦和サポ(IP:110.132.30.112 )

    同じ迷走クラブのガンバや名古屋よりも、先に軌道に乗せられたのは大きい。
    オリヴェイラありがとう。

    このコメントに返信

    2018年08月06日 12:28