浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


「気合しか入ってなかったっすね」とは高木俊幸 浦和と清水で古巣対決での違いとは(浦レポ)

Embed from Getty Images

 

浦和での成功できなかったという思い

 

浦和レッズのゴールにセレッソ大阪の先制点が決まった瞬間、喜びを爆発させて走っていく背番号「13」を見て、見事に恩返しをされてしまったという思いになった。22日のJ1第17節で、浦和からゴールを奪ったのが昨季まで3年間在籍した高木俊幸だったからだ。

 

試合後に普段からセレッソの取材をしている記者たちへの対応を終えた高木を呼び止めると「お久しぶりですね」とにこやかに話してくれた。彼が浦和にいる間にも、清水との古巣対決はあったが、その時はいつも「意識すると良くない」と話していた。だからこそ、「今日も同じような感じだったのか」ということを問いかけると、意外な言葉が返ってきた。

 

「いや、今日は何かもう、気合しか入ってなかったっすね、正直。清水の時は嫌な緊張感があったんですけど、レッズ相手になると楽しみでしかなかったというか」

 

当然、その違いの理由を聞くことにした。すると、移籍に至るまでの過程がその精神的な違いを生んだのだという。

続き(全文)はコチラ


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「最終調整を行いセレッソ戦に向けて挑む男たち」写真ギャラリー<35枚>

槙野智章が1年前と全く同じ日のセレッソ戦のリベンジを誓う

 

 

 

サッカー観戦だけでなく、会場のある地域の名所をご案内します!
コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース