浦和レッズについて議論するページ

▼トップ下で約70分間のプレータイムを得た
浦和レッズは6日の天皇杯2回戦で、神奈川県代表のY.S.C.C.横浜(J3所属)に3-0で勝利した。決して内容的に良い試合ではなく、現状のオズワルド・オリヴェイラ監督がチームを作り上げようとしている過程で、「とりあえず勝てばOK」とは言い難い中ではスッキリしない部分も多い試合だった。

 

その中で、チームに起きたアクシデントが長澤和輝の負傷交代だった。これにより、山田直輝は前半19分という早い時間帯で投入されて、主力組(あまり好きではない表現だが)の中で公式戦のまとまったプレータイムを得た。

 

彼が「一番僕が好きなポジション」と話すトップ下に入り、前線と中盤のギャップをかなり埋めていたのは目立った。元よりボールコントロールやテクニックに不安を抱える選手ではないので、簡単にボールロストをしそうな不安感がないのは大きな長所だ。相手ボール時に1列目の守備に参加して、少し動きすぎたことで興梠慎三が自分の役割の設定に迷いを見せていたのは、一緒にプレーする時間の少なさからくるものだろう。こうしたものは、彼がレギュラーを取ってトレーニングから長い時間を同じ組み合わせでプレーしないと、なかなか解決できないものであるから、必要なことはその立場を得ることだ。

 

▼チームに足りないのは、点を取れる2列目
オリヴェイラ監督は、就任時点で山田のことを、以前に鹿島アントラーズで指揮を執っていたころから知っている選手の1人に挙げていた。当時の山田はまだ20歳代に入ったばかりの若手であったから「ポテンシャル(潜在能力)のある選手」という位置づけで印象に残っていたことが話されている。

 

ある意味では、ほとんどの選手を知らない新監督から知られているというだけでも大きなアドバンテージであったのに、これまでに得た出場機会がかなり少ないことは、実際に見てのプレーの中で琴線に触れる部分が少なかったからだということになる。それは実際に、この試合の後の記者会見での「非常にポテンシャルの高い選手で、その力を必ず発揮できると私は信じていますので、練習でもそれをやらせています。そして彼は一生懸命練習に打ち込みますし、気持ちの部分も強い選手ですので、7、8年前に感じていたこの選手の能力、そのポテンシャルを見たいと思っています。自信を取り戻して、自分の本来の能力を出すことができれば、必ずいいプレーを見せてくれると思いますし、その方向に向かっていると思います」という言葉からも感じることはできる。つまり、当時のオリヴェイラ監督が想像していたほどのプレーは見せていないという言葉だからだ。

 

それであれば、彼がレギュラーを取るためには、ただ「良い選手」というだけではなく、チームの中で空いている座席を埋められる選手にならなければいけない。青木拓矢や阿部勇樹のように、1ボランチに置いても大丈夫だと感じさせるタイプではなく、ワールドカップ後に遠藤航が帰ってくることからも、その座席は空いていないし、山田のタイプ的にも争う場所でもないだろう。必然的にポジションを争うなら2列目のどこかということになる。

 

また、長澤の持つ相手ボール時に激しく寄せて奪い切る強さ、対人能力の高さは彼が埋めている座席だ。オリヴェイラ監督は柏木陽介を攻撃の最終局面に変化を作れ、ゲームも作れる存在としてかなり高く評価して中心的な存在として認識していることが、これまでの言葉や起用法から明らかだ。そうなると、アシストを積み重ねる座席も埋まっている。サイドで待ってドリブル突破で何かをしろというのは、マルティノスの座席だ。

 

そうなると、結局はゴールを奪える2列目という座席が現状のチームでは争える、あるいは空いている場所だ。今季、興梠は公式戦全体(22試合)で9得点をしているが、それ以外から3得点をしている選手は一人もいない。少なくとも3~4試合に1点を取れる2列目がいれば、オリヴェイラ監督も喜んで起用することになるだろう。

 

だからこそ、彼が最後に決めたゴールは価値があるし、その数分前にサイドからのラストパスを枠上に外したことのマイナスも大きい。山田が以前「ペナルティーエリアのラインくらいからだと、ゴールに遠い。そこから5メートル前に入っていけるか」と話していたことや、この試合後に「オリヴェイラ監督にも練習で「ゴール前まで行け」と言われて、ハーフタイムに大槻さんからも「お前はもうゴールを入れるところまで行け」と言われていた」と話したことを合わせても、フィニッシャーになれる2列目であることが監督の評価を得て、チームの中で必要なピースとして座席を確保するための近道だ。

 

▼思い出の場所、駒場での言葉
旧浦和市で育ち、子供のころから浦和レッズのファンでもあった山田に、チームの中でレギュラーを確保してほしいという気持ちは、少し他の選手と違うのは事実だ。だからと言って、それを理由にして、よりチームに貢献できる選手が出場機会を失うことほど正しくないこともないという思いもある。

 

だからこそ、彼にはしっかりとチームの中で空いている座席を見つけて確保してほしい気持ちが強い。試合後に「スタンドで見ていた浦和のユニフォームもすごく輝いていましたけど、今日、試合が始まる前、ベンチからでしたけど久々に駒場でレッズの選手たちのユニフォームを見たら、やはり輝いていたので、そのスタジアムで自分が点を入れて勝てたことは、元々浦和ファンなので、1ファンとしてうれしかったというか、駒場で点を決められたことはすごく思い出になりました」と話した言葉は、やはり地元の人間として嬉しい気持ちがあるのは間違いない。

 

点を取れる2列目として試合の公式記録の得点者欄に名前を残すことを増やせば、必然的に出場機会は増える。そして、そのゴールを続けていれば、浦和復帰時に自身がなりたいと存在として話した「チームを勝利に導く選手」になれる回数も増えるはずだ。

 

動画:【ハイライト】浦和レッズ×Y.S.C.C.横浜「第98回 天皇杯 2回戦」

 


轡田哲朗

1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

【守備のツボ】をおさえれば、どんなチームも絶対に強くなる!
コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.158.62 )

    直輝のゴール、嬉しい
    長澤の怪我、痛い…

    このコメントに返信

    2018年06月08日 22:15

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:220.156.24.109 )

    うーーーーん、
    いつも思うんだけど、読みにくい文章だな。

    このコメントに返信

    2018年06月08日 23:10

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:182.251.253.39 )

    直輝の起用が正しくないとかよく言えたな
    山中さんみたいにレッズを愛してる人にコラムは書いて欲しい

    このコメントに返信

    2018年06月08日 23:54

    • 3.1 匿名の浦和サポ(IP:1.75.6.19 )

      え!?山中のはコラムではなく、小学生の感想文じゃない?

      2018年06月09日 01:02

    • 3.2 匿名の浦和サポ(IP:175.177.4.137 )

      あえて釣られると、
      経歴や過去の栄光、期待に関係無く、正当な競争でレギュラーを掴んで欲しいという発言にしか読めないんだけど。
      それを言うべき文脈かどうかはさておき。

      2018年06月09日 01:27

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:119.106.92.180 )

    中断前まで散々武藤や柏木起用して全く点取れなかったんだけど。柏木に関して変化を付けれるのはまあ同意はするけど点を取るシュートするって意識が低すぎで起用方法が難しいよ。
    直輝のゴールシーンでも全くゴール前に詰める素ぶりもみせないじゃん。万が一キーパーに当たってこぼれる事も想定して無駄でも走らないと。ましてや途中出場なんだしさ。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 00:31

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:220.210.153.183 )

    代表戦にレッズの旗が。
    元気がんばれ。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 02:14

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:60.112.241.64 )

    長谷部もがんばれ。
    槙野もがんばれ。
    がんばれ浦和。
    がんばれ日本。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 04:29

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:60.112.241.64 )

      ゴメン、航。

      2018年06月09日 04:40

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:27.143.73.181 )

    空いている席を見つけて、、、基本的にポジションは満席なのだから空席を探すのでは無く奪い獲るものでしょう。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 04:56

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:182.251.247.38 )

    トップはファブリシオと興梠。2列目開き気味にナバウトは確定。残り1席を柏木、武藤、長澤、直輝、武富で争う形かな。守備的は安定感がないから出来れば2人ほしい。1人の場合だと前に1人増やせるけど。阿部ちゃんも歳だし試合状況が良く悪くも途中出場でチームを安定させてくれると助かるんじゃないかな。
    とにかく連携、連動が出来ないと意味がない。シュート意識が低いのもあるけど遅いから動きがないからシュートコースがないので打てない。ボールを持ってない選手の動きが大切。これも連携、連動に繋がる事。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 06:40

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:182.251.247.38 )

    今日の1試合が事実上レギュラー4人欠けてるラストの試合。結果論だけどアウェイ戦お得意のスコアレスドローで帰って来れなかったのか。このゲームは180分だからと言ってたが残り90分で3得点は厳しい。チケット購入は失敗か?(><)

    このコメントに返信

    2018年06月09日 07:32

  10. 10 匿名の浦和サポ(IP:1.75.215.62 )

    直輝の得点感覚は必要 ただ長澤の怪我どの程度なん

    このコメントに返信

    2018年06月09日 09:12

  11. 11 匿名の浦和サポ(IP:182.251.247.51 )

    まだ怪我の情報はないですね。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 10:38

  12. 12 匿名の浦和サポ(IP:27.114.3.253 )

    ペナルティーエリアから5m入ってからシュートでは遅すぎる。
    ペナルティーエリアに入ったら直ぐシュートできるようにならなければだめだ。
    意識改革が必要だ。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 11:42

  13. 13 匿名の浦和サポ(IP:126.28.166.200 )

    ファブリシオトップでナバウトとマルティノスの二列目も面白そう。

    このコメントに返信

    2018年06月09日 12:57

  14. 14 匿名の浦和サポ(IP:121.115.12.18 )

    直輝の何がすごいのか全くわからん

    このコメントに返信

    2018年06月09日 13:58

  15. 15 匿名の浦和サポ(IP:117.102.173.167 )

    山田直輝に必要なのはゴール。ずっと思っていた。
    決定力不足と言い、これをメンタルの問題にすることが多いように感じるけど、これは技術の問題。
    つまり決定力不足=シュートが下手ということ。
    直輝のボールコントロール能力は間違いなく高い。その技術力をゴールを取ることに積極的に使いに行くことを意識するべき。
    ただ、現状の直輝も決めきれない人であることは否定できない。
    ゴールを決めるかどうかが間違いなく今後の直輝の鍵。

    このコメントに返信

    2018年06月10日 06:31

  16. 16 匿名の浦和サポ(IP:122.222.138.142 )

    まぁなんにしろチームが勝てないのはチャンスでしょう
    結果を出せばいい話

    このコメントに返信

    2018年06月11日 02:51

浦議ニュース