浦和レッズについて議論するページ

ルヴァンカップグループステージ第6節『浦和レッズvsサンフレッチェ広島』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ オズワルド オリヴェイラ監督 ]
どちらのチームにもチャンスがあった、非常に激しいゲームになったと思います。サンフレッチェ広島には良い選手がいて、それがまとまってプレーする、良いチームだと思います。反応も良くて、ボールを持ったときのオプションも多いチームですので、サンフレッチェ広島戦で試合を支配するというのは、非常に難しいものです。だからこそ、価値のある勝利になったと思います。われわれが進化に向かって進んでいるということが見られたと思います。

 

オズワルド オリヴェイラ監督 広島戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(引き分けでもグループステージを突破できる試合だったが、前半から思い切り攻撃に出ていた。監督としては、意図通りの試合だったのか?)
「その通りです。いいプレーをして、結果引き分けだったなら、それでも十分であるという試合でしたけれども、引き分けを狙ってプレーをすると、それが敗戦につながりますので、私たちは勝利を目指してプレーしました。選手たちにははっきりと、勝利を求めて戦おう、ということを言いました。もちろん試合の途中経過、そして他会場の結果によっては、終了間際でそれを知ったところで、途中経過を気にしようということも考えられる、ということも言いましたけれど、それはあくまでも試合終了間際の考え方であって、それまでは勝利を目指して戦う、という
ことでした」

(監督は鹿島アントラーズ時代、失点が少なく断トツで勝ち続けた固いサッカーをやったイメージがあるが、今は当時とかなりイメージが違っている。ボールの奪い返し方がすごくアグレッシブで、全体的にかなり攻撃的になっていると思うが、それについてコメントを)
「おっしゃった通りの道のりを、我々は歩もうとしています。このようなプレーを実際にスムーズに行おうと思えば、練習にも時間をかけて、試合と同じような強度を保ちながらプレーさせて浸透させていかないといけないと思います。今のところ連戦で、練習のセッションがあまりしっかりとれていませんので、練習を十分にできていませんけれども、アグレッシブにボールを奪ってそれを攻撃につなげる、ということを目指して、我々はサッカーをプレーしています。

そして、練習だけでなくメンタリティーの部分も重要だと思います。選手によってはもしかしたら、そのポジションでの役割をもう一度考え直して、メンタリティーを変えてプレーしないといけないかもしれません」

(ここ2戦、中を固められて苦しい試合だったと思うが、進化が見えた、という点について、監督が一番手応えを感じている部分は?)
「本日のサンフレッチェ広島はそこまで守備的な戦術を採りませんでしたので、今までの試合とは少し違ったかもしれませんが、かなり相手が引いて我々を待つ、という試合が多いですね。その中でボールを奪った後、カウンターアタックを仕掛けるのか、もしくは相手が引いているから少しつなぎながらチャンスをうかがうのか、ということを考えながら、試合の展開を進めていかないといけないと思います。

本日の試合は、ミックスチームと言えるようなチームで戦いました。今までリーグでプレーしていた選手と、カップ戦でプレーしていた選手をミックスしたような試合でした。できるだけ、連戦で体力を消耗している選手を休ませようということを考えている中で、本日は前回の試合から中2日、次の試合までまた中2日という状況でしたので、いつも以上に選手たちの状態が心配で、そういった部分を考えていました。

本日の試合は、そういった意味でも満足のいくものでした。休ませられる選手は休ませることができ、少し疲れている選手の試合時間を限定し、さらにコンディションのいい選手を長い時間使うことができた試合でした」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 城福 浩監督 ]
平日のナイターにもかかわらず多くのサポーターが来てくれて、ありがたかったです。彼らと喜びを分かち合いたかったが、それができず残念です。そして、浦和レッズさんにはおめでとうと言いたいと思います。

ゲームは90分の中で勝点3を取りたいと思っていました。急造のディフェンスラインもよく辛抱して、決定的なシーンは特に前半は作られなかったと思います。われわれがボールを動かす時間も必ずあると思っていましたし、その時間で取りたかった。最後はリスタートでも奪えるかなと思っていました。ただ、痛恨の一撃を食らって、2点を取らないといけなくなった。相手の守備の集中がそのあと高まったとも思います。

こうなったのも、(ルヴァンカップで)2勝したのに、そのあと勝てなかったから。前節は、2-0から3点取られて負けてしまった。今回の1敗のみならず、今回の大会は本当に悔しい思いをしました。あと二つの大会、どちらも獲りにいきたい。まずはリーグ戦が中2日であるので、今日の悔しさを出したいと思います。

【守備のツボ】をおさえれば、どんなチームも絶対に強くなる!
コメント
投稿する
コメント
  1. 1 表もレッズ(IP:59.168.117.225 )

    選手によってはもしかしたら、そのポジションでの役割をもう一度考え直して、メンタリティーを変えてプレーしないといけないかもしれません

    >選手の見極めが進んでいると感じさせるコメント。
    オリベ自身の監督としての手腕に、組長からの継続性が、上手く融合しているのではないか?
    中断期間から夏にかけて、合宿などの集中的な練習に加えて、積極的な選手補強で後半戦が楽しみになりそう。コメントから推察するに、補強の為のリストアップも進めているのだろう。
    ルヴァンで予選を通過したことで、予算も確保しやすいはず。

    このコメントに返信

    2018年05月17日 07:07

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:126.245.3.215 )

      今まで中断期間で何か好転した?
      期待して信じても、いざ再開したら、何一つ変わってなかった。
      た、ぬ、きも掘も。フロントも。

      2018年05月17日 11:28

    • 1.2 匿名の浦和サポ(IP:123.230.120.51 )

      「そのポジションでの役割をもう一度考え直して、メンタリティーを変えてプレーしないといけないかもしれません」は、なかなか積極的に高いポジションをとれなかった橋岡のことを言ってるのかな。最近は3バックの右WBが多くて4バックの右SBとしてプレーした試合はそう多くないし、中断期間のトレーニングの課題が見つかったってだけでべつに見切られたわけではないと思う。

      2018年05月17日 13:28

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:210.142.95.151 )

    オリベイラさんは連戦中にいきなり放り込まれて、多くの選手の能力や特性もわからず、まともなトレーニングをさせられていないのに、よくやっていると思う。
    このコメントからは、連戦終了後の構想が固まりつつあることがうかがえる。今は我慢。

    このコメントに返信

    2018年05月17日 07:41

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:153.204.119.86 )

      ホント、バトンタッチのタイミングは最悪に近かった。
      W杯中断までは、ただひたすら我慢でしょう。

      2018年05月17日 10:33

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:49.98.16.146 )

    オズワルド・オリヴェイラ監督
    お疲れさまでした
    ルヴァンカップ
    プレーオフステージ進出
    おめでとうございます
    W杯明け
    オズの魔法
    期待したい

    このコメントに返信

    2018年05月17日 07:57

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:126.33.194.186 )

    5000万~1億の価値ない選手って、具体的に誰?

    このコメントに返信

    2018年05月17日 09:24

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:106.132.80.103 )

    中断期間におそらく、4バックにするのかな?
    そうするとボランチ2枚に二列目に3枚でワントップの4-2-3-1か、二列目2枚に2トップの4-2-2-2。
    サイドバックが足りないと思いきや、橋岡の急成長といううれしい誤算もあり、右に橋岡、森脇。左に槙野、宇賀神。左右できる菊池。阿部も可能か。以外に人材は豊富。ブラジルのような攻撃型サイドバックを求めなきゃこのままでいいでしょう。
    センターバックもマウリ、岩波。槙野や阿部、遠藤、橋岡もいるし。ここも何とかなりそう。
    ボランチは青木と遠藤と長澤を軸に阿部、柏木、直輝。二列目も柏木、直輝、長澤、ナバウト、武藤。
    やっぱりマルティノス、ズラタン以外の強力なフォワードですね。興梠をベンチ押し出すくらいの。
    なかなかいないだろうけど。

    このコメントに返信

    2018年05月17日 14:04

    • 5.1 匿名の浦和サポ(IP:123.230.120.51 )

      4バック時に4-3-3の3トップが候補に入らない根拠はなんだろう? 堀で失敗したからといって、オリヴェイラでも必ず失敗するとは限らないと思うけどな。
      広島戦を見ても両SBがなかなか攻撃に絡めずに、中央突破を繰り返しては跳ね返される。特に左足で満足なクロスを蹴れる選手がいない左SBは、候補外の萩原は一列前で使えと言いたいのだろうけど、外国人SBを補強しないのであれば萩原の成長が急務だと思う。
      残る外国人枠1枠はSBよりもやはり決定力のあるFWの獲得に使ってほしいね。

      2018年05月17日 18:36

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:1.75.6.119 )

    選手起用は大槻さんの意図がかなりでていたが、中断期間にじっくりと選手と向き合って、オリベイラ流の選手起用が見たい。直輝や武富のつかいかた。荻原も攻撃的な選手。キックの精度、威力を見てもサイドバックではないはず。ユース時代サイドバックだったとしても、それはユースのチーム事情。堀さんは荻原の攻撃力を評価してウィングとして起用し、荻原は結果を出している。沖縄キャンプやルパンカップの名古屋戦しかり。

    このコメントに返信

    2018年05月17日 19:56

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:126.245.3.215 )

    サッカー歴9年の漏れが解く守備をしない心理は大きく分けて二つ。
    1、行くタイミングが分からない。
    戦術理解度が低い、ようは自頭が弱い選手ほどこうなる傾向。
    2、走り回りガス欠するのが怖い、スタミナに自信がない。
    誰だってフルで出たい。特に前の選手ほどヒーローになりたいからね。

    マルティノス、サボろうという考えは案外ないかと。

    このコメントに返信

    2018年05月17日 21:40

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:125.3.50.65 )

      トップ下兼サイドハーフ歴6年(オッサンなので引退済み)の意見では、前目の選手程、自分の所で奪えればチャンスになるし、奪えなくともボランチくらいで引っかけられる可能性が上がるのでプレスは超大切だと思う
      プレスの大切さはラストパスやミドルと同じくらいか、それ以上大切だと思うが?

      2018年05月17日 21:54

    • 7.2 匿名の浦和サポ(IP:126.245.3.215 )

      ということはチームはおろか自分のことにも興味がないってことか。
      マルティノス、死んだほうがいいのでは。

      2018年05月18日 15:55