浦和レッズについて議論するページ

7/22に行われるJ1リーグ第22節『セレッソ大阪vs浦和レッズ』の試合前議論スレになります。

以下、試合前情報まとめです。

浦和、浮上への分岐点 22日アウェーC大阪戦、首位たたき好循環を(埼玉新聞)

 後半戦の巻き返しを誓う8位の浦和は22日、来月15日にスルガ銀行チャンピオンシップのシャペコエンセ戦があるために前倒しして開催されるリーグ第22節で首位C大阪と敵地で激突する(19時・ヤンマー)。3月4日のホーム開幕戦では、浦和が3―1で勝利した。

 チームは21日、午前9時から約1時間の最終調整で、試合に備えた。

 11対11のミニゲームでは主力組のワントップにズラタン、シャドーは武藤とラファエルシルバ、ボランチは柏木と駒井が組み、サイドは右に関根、左に宇賀神。3バックは中央に遠藤、右に森脇、左に槙野、GKに西川。スタメンが濃厚な興梠と阿部は、走り系中心のメニューで別に調整した。

 C大阪の基本布陣「4―2―3―1」を想定したサブ組に対し、主力組は前線からのプレスが効き、ラファエルシルバがハットトリックした。



浦和 興梠とラファの前線「配置転換」で敵地セレッソ戦へ(スポニチアネックス)

 浦和は前線の「配置転換」で22日のアウェーC大阪戦に臨む可能性が高まった。

 紅白戦では従来、1トップだったFWラファエル・シルバが"シャドー"に入ってプレー。代わって興梠が1トップに入る見通しだ。「好感を持ってます」とラファエル・シルバ。



浦和・ペトロ監督、C大阪戦必勝だ!辞任問題吹き飛ばす(サンスポ)

「相手は首位で勝ち点差は9だが、われわれは何をすべきかは頭に入っている。浦和のサッカーをやる」と、あくまでも攻撃サッカーで首位たたきに挑む決意だ。



ミシャ監督 C大阪戦前日会見(浦和レッズ)

「明日のゲームは非常に厳しいゲームになると思います。対戦するセレッソ大阪は、今、J1リーグで首位にいるチームで、我々よりも勝ち点が9多いです。非常に規律を持ちハードワークをする、コンパクトなチームだと思っています。厳しいゲームになると思いますが、我々は、何をするべきかを、しっかり頭の中に入れています。全員で勝利をもぎ取るために戦います」

【質疑応答】
(3月のホーム開幕戦で対戦したときに比べて、C大阪もチームが成熟していると思うが、印象の違いはあるか?)
「それほど戦い方に大きな違いがあるとは思っていません。我々には負けましたが、それ以外のチームには彼らはいい結果を残しています」

(ミニゲームの後にラファエル シルバと長めに会話をしていたが、何を話していたのか?)
「彼のお姉さんと子供が日本に来ています。家族のことについて少し話をしました」

(C大阪戦で、ラファエル シルバに期待しているプレーは?)
「我々の強さはチームで戦うことです。他の選手と同じように、彼にもチームの一員として、彼に与えられて役割をしっかりやることを求めたいです」



槙野智章「自信と走力と戦う姿勢を見せ、勝利する」(浦和レッズ)

「今週もミシャ監督から話がありましたが、相手によって自分たちのモチベーションとサッカーが変わらないようにしなければいけません。気持ちはドルトムント戦で見せたような、どんな相手でも自分たちがやれる自信と走力と戦う姿勢を見せなければいけません。セレッソだからとか、下位チームだからと考えていては、チームも上には立てません。大事なゲームであることに変わりはないので、明日はしっかり戦うだけだと思っています。

相手のことよりも、リーグ前半戦でよくなかったところを、後半戦ではしっかり修正して勝つだけだと思っています。セレッソ大阪は首位に立ついいチームですが、自分たちのやるべきことを全うできれば、勝って差を縮め、最終的に上に立つことができると思います。スケジュールや気候など、いろいろあると思いますが、すべては自分たち次第です。

自分たちがいいときとそうでないときは、プレーしている選手たちが一番よく分かっていて、手応えはつかんでいます。ドルトムント戦で見せた熱い気持ちや、一人のミスをみんなでカバーすることなど、見ている人にも浦和のサッカーはJの中でも違うと興味を持ってもらえるようにしたいです。

今は夏休みだと思いますが、僕も子供の頃には夏休みにサッカー観戦に行ったことを覚えています。夏休みの間に試合を見たり、選手と話すきっかけがあったりして、『この選手みたいになりたい』と思ったり、『このスタジアムに立ちたい』という夢をもらえました。この夏休みが少年少女たちのいいきっかけになるように、しっかりとしたプレーを届けたいですし、勝ち点3を持ち帰りたいです」



試合はヤンマースタジアム長居で19:00キックオフ!


コメント
投稿する
浦議ニュース
もっと見る